どんな旅行が孤独なシニアに良いのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

高齢者が若い人たちと一緒に人生を楽しむ事がないか探してみた。

高齢者と若者たちとの接点は少ない。どちらかが意識的に接触を持とうとしない限り高齢者は高齢者でグループを作る。若者は若者たちと。世代を越えた交流は自然に生まれてこないように見える

Pokemon Goは、スマホを使っていない高齢者には無縁な遊びであったが使っているシニアは多少なりとも若者たちと同じトピックで話が出来たようだ。でも、決定打の方法ではない。

seattle

多世代の人たちと自然に会話が生まれるグループ旅行が孤独なシニアに良い!

私は、「グループ旅行」が多世代の人たちとの交流を深めるきっかけになると思っている。旅行は子供から高齢者まで幅広い年齢層で共通の関心事である。共通の目的(観光地を楽しむ)で行動を一緒にする。特に海外旅行では、ちょっとした挨拶から会話に発展して多世代の人たちとの接点が持てる。

国内旅行でも特定のテーマで集まった旅行グループならば、共通のテーマで世代間を越える会話が始まる。旅行に参加する人たちも一人ではなく複数人の場合が多い。祖母と孫娘とか、父親と娘とか。バラエティに富んだ組み合わせで旅行に参加してくる。

限られた旅行期間だが、非日常的な環境で非日常的な多世代の人たちと自然な形で触れ合える。そんな意味で「グループ旅行」は世代を超えた交流を求めるシニアにとって良い機会であると私は思っている。

本来ならば、既に多世代で活動している団体による旅行であればもっと良いだろう。残念ながら、そのような団体は少ない。見つけるのが大変だ。

やはり、旅行が一番手軽な方法なのだろう。隣に座った若者に話しかければ世代間の交流がはじめられる。話をする事で世代間の違いを学べる。新しい発見があるかもしれない。考えさせられることもあるかもしれない。出会い次第で旅行後もお付き合いが続くかもしれない。

新しい友達は、旅行で作るというトレンドがシニアで生まれるかもしれない。若者との会話の中でシニアの人生経験が若者に役に立つ場面が生まれるかもしれない。世代間には、お互いが知らない事が沢山隠れている。それを発見するには、世代間を越えた交流と会話が必要だ。

60歳代、70歳代のシニアは夫婦で旅行をする人が多い。是非とも、若い人たちが参加する旅行パッケージに参加してみて下さい。今までの旅行とは違った世代間を越えた新しい体験が味わえると思う。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。