一人になったシニアは老後の生活と住居をどうすれば良いのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

住み慣れた家や場所を離れて生活をするのは、高齢者にとって苦痛だ。自分で新天地を求めて新しい住処に移り住むならば、苦痛が幸せ感に代わるが。そうでない場合は、苦痛そのものだ。

今は、まだ、シニアの入り口にいるが子供たちのお世話になる年齢になった時に住み慣れた家と場所を離れて生活せざるを得ない時が来るかもしれない。そんな時に私はどのような決断をしなければならないのか

元気なうちに自分の老後を描いてその準備をする

子供の都合で子供たちの家で新たな生活をする老人が多い。多くは、どちらかの配偶者が他界した時だ。男親は一人で生活が出来ない場合が多いので妻が他界した時点で子供たちの家での生活が始まる場合が多い。母親が残った場合は、体の衰えで自活が出来なくなった時点で子供のお世話になる。

子供たちが今の家の近くで住んでいれば問題がないが、県を越えている場合は親の適応能力が試される。社交性があれば、地域に溶け込む機会さえ作れば自分で楽しむ環境を作れる。高齢者で社交性がある男性は少ないのではないか。女性ならば、おしゃべり仲間を一人見つければ仲間が仲間を呼び集めてくれる。

男性の父親は、地域に根を張っていないので自発的に地域に溶け込む努力が求められる。自治会に積極的に参加して地域住民に顔を覚えてもらうことが始まる。

または、地域に根差したNPO団体で社会貢献活動を行う。自分が積極的に動かない限り誰も自分をかまってくれない。知らない地域での生活は、苦痛と喜びが一緒にやって来る。地域に溶け込も過程で苦痛が伴い、自分の顔を覚えてもらった時には新しい友達が出来て喜ぶ。

移り住んだ新天地で柔軟に生きていける能力がある老人であれば、喜ばしい。私は難しいかもしれない。そんな高齢者は、どうするのか。

子供のお世話にならないで自活が出来る方法を準備するしかない。

一人で生活をする上で真っ先に困るのは、食事である。料理が出来る人は問題ない。栄養のバランスを考えて料理できればなおさら良い。私は料理がほとんどできない。私のようなシニアは、妻から料理を学ぶ必要がある。または、料理学校に行く。

次に困るのは、暇な時間のつぶし方だ。仮に妻が他界した場合、1日中一人だ。テレビを1日中見るわけにもいかない。いつも一緒にいられる友や知人がいるわけでもない。どこかで暇をつぶす必要がある。今までは自宅にいれば妻と会話ができ、一緒に散歩もできる。一人と二人では生活の質が違う

暇は孤独という悪魔を誘う。

何もやっていないと社会から孤立する。孤立すると自分が作る孤独の世界に住み着き始める。住んでいる地域に会話を楽しめる友達がいれば、孤独から逃れられる。その意味合いで、元気なうちに地域コミュニティに自分の顔を売る活動をする必要がある。

そして、2~3人の気が合う仲間を作ることだ。

言葉では簡単に言えるが、実際行動に起こしてみると時間がかかる。思うような人に出会わない。それはそれと予想範囲のリスクとして覚悟すれば良いだろう。

積極的に自分の生活環境を事前に作る活動が出来れば、それなりの効果がある。それが出来ない高齢者だと「老いては子に従え」になる。

私が知っているシニアは数年前に妻に先立たれ、長男の家族と一緒に生活をしている。衣食住の面では何も問題がないが、一緒に時間を過ごしてくれる相手がいないだけだ。慣れない地域社会でなかなか知人が出来ない。彼は、元会社同僚と会って暇な時間をどう過ごせば良いか助言をもらった。

元同僚が通っているNPO団体を紹介して頂いてそこの活動を中心に自分の生活リズムを作っている。子供の家にいるよりも外で活動している時間が多くなったという。

結局、いつの世も、いつの世代でも、誰でも、自分で最初の一歩を歩き始めないと何も始まらないという事だ。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。