スポーツセンターやジムが高齢者の社交場か? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

sports gym

私が通っている区のスポーツセンターでは、高齢者が増加している。平日の午前中は、体育館で100人以上の老人たちが健康体操をやっている。1時間の健康体操が終わるとランチ時間帯になる。男性よりも女性の高齢者が多く参加しているので自分たちのグループでランチ会がスポーツセンター内で開かれる。おしゃべりタイムが始まるのだ。

私はスポーツジムで筋トレをやるために来ている。ジムの中にも多くの高齢者(65歳から80歳まで幅広い高齢者)が一生懸命に筋トレをしている。健康教室とは違って無駄話はあまりない。筋トレをしているシニアは、筋トレに集中しているためジムを社交場として活用していない。

社交場は、会話がないと生まれない。高齢者同士が気楽に出会い、おしゃべりが生まれないと社交場として交流が深まらない。

高齢者の社交場は知り合いの高齢者がグループで参加する健康教室が終わった後?

毎日、色々な健康教室が区のスポーツセンターで開催されている。特に、高齢者が通うのはヨガ、腰痛体操とストレッチ運動のクラスだ。そこが本当に高齢者の社交場になっているかどうかはわからない。友達同士が一緒に参加するという点では、そうかもしれないが新しい出会いが簡単に生まれる社交の場と言って良いのだろうか。

民間企業が提供するスポーツジムでは、高齢者を引きつけるクラスを沢山用意され、環境が整っている。実際にそのようなクラスに参加したことがないので民間スポーツジムの実態はよく分からない。私が通う区のスポーツセンターは、1回3時間300円で安い。その安さで健康志向が高いシニアや老人たちが集まってくる。健康教室は別途お金がかかるが高くはないので多くの高齢者が参加している。

単純に近所のシニアが顔を会わす場を社交場としているならば、確かに高齢者の社交場である。老人倶楽部よりは健康的だ。でも、本当に顔を会わすだけで交流が深まっているのだろうか。多くは、友達に誘われてグループで参加している。そのグループ内での交流が深まるので高齢者の社交場と言っているのではないか。

健康教室は長生きをしている女性が多く参加している。女性は気楽におしゃべりが出来る女性を探す。同じ健康教室で何度も顔を合わせると話しかけやすくなる。積極的に新しい知人を作ろうとする女性ならば、スポーツセンターやジムは社交場になる。少なくとも、新しい出会いが出来る機会がそこにある。

スポーツセンターに平日の昼間に行けば、確かに高齢者を多く見かける。昼間に来る社会人はいないから時間に余裕がある高齢者が目立つ。それだけをピックアップして「高齢者、スポーツジムが社交場」とラベルだけがはられているのでは。

スポーツジムが本当にシニアの出会いの場になれば私も楽しい時間を過ごせる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。