将来生活費で困ると心配するシニアはお金を自分で稼ぐ仕組みを作るべきだ - お金、筋トレ、健康、仕事

60歳から65歳まで雇用を継続してくれる会社で働く会社員は、幸せだ。少なくとも、年金受給年齢まで会社から給与を頂ける。金額はともかくだ。会社員でそのような労働環境にいられる人はそんなに多くないと思う。多くの会社員は、合法的なやり方で60歳定年退職の追いやられる。

年金を補填する収入源:お金を自分で稼ぐ仕組み

私を含め年金だけで安心して老後を過ごせると思っている人が少ない。65歳で年金受給が始まっても金額が不十分であれば、その月から節約の日々が始まる。今までの生活の質を落とすことが求められる。多くのシニアは今の生活の質を維持していきたいと思っているのだが、収入源が年金だけでは足りない。貯蓄があっても、時間と共に減っていく。

老人にとってお金は大切である。

収入を増やすツテがなければ尚更である。年金以外にお金を稼ぐことが出来れば、老後の生活の安心材料が生まれる。サラリーマン生活をしてきた人は、自分でお金を稼ぐという経験が少ない。今、自分の老後を心配するならば、自分の手で頭でお金を稼ぐ経験をすべきだ。

お金を自分で稼ぐという経験が自分たちの老後を助ける。老いてくれば、誰も雇ってくれない。自分で自分を雇って生活費を稼ぐしか生きる道がない。カラダが衰えて普通の生活が出来なくなってから働こうと思っても誰も相手にしてくれない。自分でビジネスを始めようと考えてもビジネスのイロハを経験していなければ、お金を自分で稼げない。

備えよ、常に!

シニアであれば、今からお金を自分で稼ぐ仕組みを作る準備をするべきだ。時間は残り少ない。健康寿命の年齢まで働けるだけ働き、生活費を稼ぎ、老後の生活に備える必要がある。体が不自由になった時点で稼いだお金と自分で稼ぐ仕組みが生きてくる。お金を自分で稼ぐ仕組みを今から試行錯誤することで「失敗は成功の元」になる。

そんなことぐらい、誰でも分かっている!と言う人が多い。分かっていながら、何もアクションを取っていないシニアも多い。これが現実である。

会社を定年退職する年齢の人は、人生の振り出しに戻ったというか、就活生になったと言うべきだろう。それも、就活が上手くいく可能性が限りなく少ない。若者が求める世渡り方法はシニアには通じない。シニアは、自分でお金を稼ぐ道しかない。

ただ、この分野だけは例外だ!

シニアの同胞を助ける仕事だ。介護支援のサービスは、これから最も人材を要求する仕事になる。3Kの仕事である。若い人はやりたがらない。シニアはシニアの気持ちが分かる。明日は我が身という感覚を持っているからだ。シニアが出来る介護支援の仕事をすれば良いと思っている。一人で出来なければ二人で一人分の介護の仕事をすれば良い。

介護の仕事が性に合わなければ、アルバイトに徹するしかない。ガソリンスタンドのスタッフ(時給1000円以上)、販売店のスタッフ)、マンション管理人、警備員、清掃作業員、スーパーのカート回収スタッフなど色々と出てくる。知的生産分野で働きたければ、営業分野で機会がある。営業支援だ。それなりのキャリアと人脈が求められる。

私は、75歳になっても独自のビジネスでお金を自分で稼ぐ仕組みをインターネットで作っている。インターネットは、性別、年齢、時間や場所の制約がない。ニーズを見つけてそれを満たす仕組みをインターネットで作ればお金を自分で稼げる。体力よりも知恵である。

2019年のインターネットビジネスのトレンドは、

1.スマートフォンの普及で生まれるビジネスチャンス

2.質の良いコンテンツ情報をHPで発信することで生まれる集客ビジネスチャンス

3.時代に乗り遅れたシニアをサポートするビジネスチャンス

具体的にどんなビジネスチャンスなのかは分からない。それを見つけてお金を自分で稼ぐ仕組みを作り出せれば良いだけだ。先手必勝の世界がインターネットビジネスの神髄だ。

体が不自由になってもパソコンでインターネットビジネスを展開できれば、お金はインターネットから降ってくる。最近は、無料で簡単に使える決済ツール(クレジットカード課金と決済)が生まれている。オンラインショップなどで使われる決済ツールと同じようなモノだ。これらの決済ツールを使えばちょっとしたブログサイトをオンラインショップサイトに変身できる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。