会社人間であったシニアは自分の名刺を作ることで生きがいを見つける - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

誰もが歳老いて行く。 60歳、70歳、80歳になった時、健康であるかないかの競争になる。お年寄りの挨拶は、この言葉で始まる。「体の方はいかがですか?」「お達者ですか?」

同じ60歳、70歳、80歳でも元気に個人差がある。60歳なのに70歳以上に年老いて見える人。80歳なのに60歳のように元気よく歩いている人。健康や体力の個人差がシニアに顕著に出てくる!

会社人間でシニアが定年退職で仕事を離れると燃え尽き症候群のようにふけてくる。元気なシニアは仕事をしている人が多い。毎日仕事というやるべきことが有り、生きがいを感じて生活をしているからだ。無職になったシニアは、自分を表す名刺を持っていない。会社員の頃は、名刺が自分を代表していた。それが、今はない。

会社人間であったシニアほど自分の名刺を作る必要がある

定年退職後のシニアの顔を見れば、すぐにその人の精神状態が分かる。話をすれば、もっと分かる。自分の人生を会社が占有していた人は、会社組織を離れたとたんにNobodyになる。あなたは、一体だあれ?

会社以外に生きがいを持っているシニアは、アクティブにやりたい事をやっている。それが顔や目、そして、言動に出てくる。自分を幸せにしてくれる事をやっているからだ。

自分のアイデンティティー(Identity)を見失ってしまうと頭が働かなくなる。会社勤めの時は、名刺が自分のアイデンティティーであった。名刺が無くなった今の自分は、誰なのかを伝えられない。そんなシニアが多い。会社人間であったならば、まず、自分の名刺を作ろう!

どんな名刺でも良い。自分はこんな人であると言うことを伝えられるメッセージを書いた名刺で良い。または、こんな事をしたい人の名刺でも良い。名刺が友を呼び、仕事を作り出すきっかけ、又は、生きがいを作るきっかけになる。

生きがいを見つけて第一歩を踏み出しているシニアは、自分好みの名刺を作っている。別に会社を作っているわけでもない。自分の個人名刺だ。

生きがいを見つけられない人、人生に迷っている人、仕事を探している人、孤独から逃げたい人は、こうありたい、こうなりたいという人は、自分の名刺を作って人が集まる場所に出かけると良い。そして、名刺交換をすると何か新しい出会いが生まれる。一度やってみてほしい!自分という人間を自分の名刺が代わって話してくれる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。