シニアの趣味でパソコン・インターネットが一番! - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

スターバックのCafeでインターネットに接続しながら毎日仕事をしている私だが、Cafeで私のようにパソコンを使っている人は、若い人が多い。ほとんどが何故かMacだ。ときどき、シニアの女性がMac Airを使っていたり、シニアの男性がVAIO NotePCを使っているのを見かける。

シニアの趣味がパソコンとインターネットだという(新大人研究レポートより)結果は、何故か理解できる。

インターネットが出来ないと時代に乗り遅れると焦るシニア

60歳代から80歳代のシニアは、パソコンやインターネットの時代を身近に感じて使ってこなかった時代の人だ。

パソコンは、OS、アプリケーションソフト、周辺機器、ルーター、そして、インターネットなどの知識がないと使いこなせない製品だ。テレビのように電源ONで直ぐに使えるようにはならない場合が多い。OSやアプリケーションソフトのバージョンアップやウイルスソフトの更新など何かと分からない事が次から次と出てくる。

パソコンやインターネットを会社で経験していないと定年退職後に取り残されてしまう。若い人たちは、パソコンを使ってインターネットを使いこなしている。ホームページを閲覧する時にパソコンだけあれば事が済むと思っていたら、光通信のプロバイダー契約とか、ルーター設定とか、専門用語が沢山出てくる。

シニアにとってパソコンとインターネットは、複雑すぎて理解できない製品だ。

団塊世代のシニアは、目標を決めると徹底的に克服しようとする傾向が高い。パソコンとインターネットを学ぶためにパソコン教室に通う。息子や娘、孫にインターネットの用語解説をしてもらう。パソコンで問題が発生したら、息子を電話で呼び出して聞く。

パソコンは、3年で野菜のように腐るということを知らない。ハードウエアとソフトウエアが時代遅れになり、トラブルが発生する。セキュリティ問題が一番多い。マルウエアがパソコンに入り、パソコンを乗っ取り使用できなくしまうのだ。

こんなこと、シニアが理解できるはずがないし対応もできない。でも、インターネットで情報入手をするためにパソコンを使いこなす必要があるとシニアは思っている。

パソコンは、キーボードをブラインドタッチで打てないとメールの送受信もできない。キーボードを使えるようにするところから始まる。その次にパソコンの基本を学ぶことになる。ハードウエアとソフトウエアだ。インターネットを使うには、インターネットプロバイダーと通信契約をしてルーター接続をしないとできない。

有線LANと無線LANがある。今は、無線LANでインターネット接続をするのだが、パソコンと無線LANを接続する手順まで学ぼうとすると手に負えない。シニアにとってパソコンでインターネットに繋げること自体が大きな目標になる。

難易度が高いと何故かシニアは頑張る。勉強が好きな団塊世代が多い。暇から逃れられる。やることが簡単だとやりがいがない。趣味としてパソコンとインターネットを選ぶのは、時代の要請だ。

インターネットだけを楽しみたいのならば、スマホだけで十分である。タブレットでも良い。

でも、

団塊世代のシニアは、スマホやタブレットでは物足りないらしい。大きな画面で腰を据えて何かをやれるという感覚がほしいらしい。

私は専門がインターネットビジネスであるのでパソコンやインターネットのことに詳しい。何か複雑なことをインターネットでやろうとするとスマホやタブレットではできない。どうしてもパソコンになる。スマホやタブレット端末は、コミュニケーションツールとして最高であるが仕事のツールとしては物足りない。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。