体力の衰えで働けないシニアが年金プラスの収入を得るには? - シニアの仕事、健康、筋トレ、暇

65歳になって年金をもらう。その額に驚く。事前に知らされていた金額なのだが、老後の生活費には足りない。誰もがそう思っている。この心理状態が65歳になったシニアたちに共通する。多くの65歳のシニアは、足りない生活費を補足する仕事を探し出す。自分ができるパートやアルバイトしか選択がないことが分かる。過去の職務経歴や経験が生きる仕事があっても年齢でお断りになる場合が多い。これが65歳で年金を受け取り始めるシニアの現実である。

国民年金だけならば、満額で6万5000円前後。厚生年金がプラスされれば、18万円前後になるかもしれない。20年先まで生きることを考えると将来の生活に不安が募る。20年先は、85歳。85歳までパートやアルバイトが出来るのだろうか。健康問題や雇用面で加齢による弊害が出てくる。生き続けるためには足りない生活費を稼ぎ続けなければならない。どうしたら良いのか?

20年先の政府による生活保護サービスは十分に機能しない可能性がある。多くのシニアが生活保護下に落ち込んでしまうからである。長生きの弊害である。北欧のように安心して老後の生活を送れない日本の生活環境は先進国とは言い難い。今60歳代ならば、先を読んで年金プラス他の収益で生活費を賄う仕組みを準備する必要がある。

他人を当てにする雇用で年金プラス収入を得る方法は年齢制限と体力の衰えで期待できない。残る選択肢は自分でビジネスを作ることである。資本力があるならば、株式投資も選択になるがそれが出来るシニアは年金プラス収入がなくても生活が出来る。年金だけでは生活が苦しいと感じるシニアは今から年金プラス他の収入を得る方法を考えて準備すべきである。

85歳になってもお金を稼ぎ続けられる仕組みを考える

まだ若いうち(65歳)に20年先でもお金が稼げるようなビジネスの仕組みを試行錯誤で考えて試している。私のような試みは、今60歳代のシニアにとって必須だと思う。対象は、年金だけでは生活が出来ないシニアたちになる。多くのシニアは、今まで貯めてきた貯蓄の取り崩しと年金だけで老後を送っている。貯蓄額が少なければ、そして、生活保護が受けられなければ、生きて行くのが本当に難しくなる。それは誰もが予測できる。

いつの世も体が資本。元気で普通に自分の体を動かせるだけの体力と健康を20年先でも維持しなければ仕事はできない。人生100年に向かっている日本人は、老後の生活を快適に過ごすための準備を若いうちからしなければ老後の生活は酷いものになる。

今80歳代の老人にインターネットビジネスを教えてお金を稼げるようにしようと思っても無理がある。70歳代の高齢者も同様である。60歳代ならば、まだ、可能性がある。60歳代のシニアは若い。努力次第でビジネスで必要な体力も知識も得られる。

60歳代シニアはインターネットビジネスで年金プラス収入を得る事を考える

インターネットビジネスはシニア向きであると私は思っている。体力をあまり要求しない。年齢制限もない。いつでも、どこでもインターネットに接続できればビジネスが出来る。ビジネスチャンスを上手く見つけることができれば、小学生でも老人でもお金を稼げる。健康障害で入院していてもやり方次第でお金を稼げる(実際に入院しているシニアがインターネットでお金を稼いでいる人を知っている)。

60歳代シニアに求められるのは

  1. インターネットの仕組みとビジネスモデルの知識と理解力
  2. 地道な試行錯誤から学ぶ実際のネットビジネス経験(失敗経験から学ぶ姿勢)
  3. 諦めない強い意志

この3つである。インターネットで1円でも良いからお金を稼ぐ経験をすること。その経験から多くのことを学べる。シニアが1円をインターネットから稼ぐのは大変。実際に稼げるようになるまで分からないことだらけを経験する。その困難を乗り越えられるシニアならば、80歳代になってもインターネットからお金を稼ぎ続けられると私は確信している。

インターネットビジネスと言っても幅がある。多くのシニアは、オンラインショップを思い浮かべる。私のように法人向け、個人向けのホームページ制作をする仕事もインターネットビジネスである。インターネット経由でお客を見つけ、サービスや物販をするビジネスがインターネットビジネスと呼ばれる。

「人生相談&コンサルティング」インターネットサービスで迷える若者たちや中高年に助言

シニアの利点は、若いものたち以上に人生を経験していること。自分の人生経験が迷っている若者たちや中高年にプラスになる。「人生相談&コンサルティング」インターネットサービスは人生経験豊かなシニアであれば誰でもやれるビジネスである。ポイントは、お客さんになってくれる若者や中高年をどう見つけるかにある。

現実のビジネスでもインターネットビジネスでもお客を探せるかどうかがビジネスの成功の決め手になる。インターネットの場合、ターゲットのお客を集客できるホームページがあれば、お客探しであまり苦労をしない。魚が集まっているポイントで竿で釣るだけになる。インターネットビジネスで一番難しいことは自分のホームページをターゲット客層の集客サイトに育て上げる事である。

これができれば、インターネットビジネスは90%以上成功したと言って良い。

人生相談&コンサルティング」インターネットサービスのお試しが出来る「ココナラ

ココナラというウエブサービスサイトでは普通の人がインターネットでサービスを提供できる環境が作られている。この環境を使って人生に迷いを感じている人たちに自分の人生経験や知識から助言できればサービスとして成り立つ。例えば、こんなサービスを提供している方がいる。

誰かとちょこっと話したいとき、5分でもお話聞きます

ココナラのサービス環境を使って気軽な傾聴サービスを電話で受け付けている。1分160円。このサービスを提供されている方は普通の方である。特別な資格も持っていない。自分が得意とするサービスを考えて商品化することで始められるインターネットビジネスである。

ココナラとはで自分が提供しようとするサービスの需要を調査しながら、本格的なインターネットサービスの準備をする事をお勧めする。

結論

60歳代から年金プラスタの収入を得る方法を準備して作っておけば85歳になっても生活費で悩むことはなくなる。75歳を過ぎれば、体力勝負の仕事はできなくなるし、雇用してくれる職場もなくなる。残る選択肢は自分が得意とするサービスをインターネット上で提供する事である。ココナラというウエブサービスが有る。こちらでテスト・マーケティングができる。考えているサービスに需要があるのかどうかをテストできる。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方は  まで。

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。