60歳代シニア夫婦の老後の生活はどんな生活になるのだろうか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

60歳定年退職後は、思いっきりやりたいことが出来る。年金が支給される65歳までは、生活費を稼ぐ仕事を見つけて老後の資金を蓄える。60歳代はまだ体力もあり、健康な場合が多い。子供も親離れしてシニア夫婦二人の生活になる。両親の介護がなければ、60歳から70歳の間に「やりたいと思っている事」をやるべきだ!

60歳代シニア夫婦の生活で思うこと

誰もが老後の生活に不安を覚える。老人になると自分の体や生活はどのようになっていくかがわからない。老後の生活は、その人の置かれた環境や人生に起因するため個人差が大きい。ホームレスの老人からリッチな保養地生活まで個人差が大きい。

ただ、

神様は誰にでも平等である。幸せの感じ方はその人自身の感じ方で決まるからだ。寿命も外的要因で決まらない。生まれ持った運命で決まる。

与えられた残りの時間を自由に使える年代が60歳代から始まる。体力があり、普通の生活が続けられる年代が60歳代だ。両親の介護が始まる前に自分たちの時間をやりたいことに使う。多くのシニア夫婦は、旅行に出かける。非日常の生活を楽しもうとする。

子供が生まれる前までは、夫婦で色々な場所に行って食事を楽しんだ。海外旅行も出かけた。やりたいことが出来る時間があった。子供が生まれると生活の中心が子供になる。やりたいことが子供の養育でできなくなる。そんな時期が定年退職まで続くシニア夫婦が多い。

外食をするにしても質を求める。高くても美味しいレストランに出かける。安くて量がある外食を若い頃はしていたが今はそんなことはやらない。ゆっくりとワインを飲みながらゆっくりと流れる二人の時間を嬉しむ。

世間では、定年退職と同時に離婚をする夫婦が多いと聞く。悲しいことだが、それも積もり積もった人生の結果なのだろう。良い、悪いで判断はできない。

シニア夫婦の老後の生活は個人差が大きい!

二人の生活がずっと続かない。いつかは必ず一人の生活になる。私達は一人から二人になり、そして、一人になってこの世を去る。与えられた時間は、自由に使える。使い方と感じ方だけが違う。今、老人の入り口に立って社会が差し伸べる道を失い、自分で新しい道と時間の使い方を創りださねばならない。

私の新しい人生の道は、 すでに始まっている。51歳の時に独立して時間と場所に制約されない働き方を始めている。インターネットは、それが可能だ。夫婦で海外旅行をしながら夜ホテルで仕事が出来る。インターネットに接続出来る環境とモバイルパソコンがあれば仕事ができるので柔軟性と利便性が高い。

仕事をしながら、新しいことに触れながら夫婦で共有する時間を楽しみたい。今は、お金を貯めて夫婦でハワイ旅行をしようと考えている。ハワイは、オアフ島とマウイ島に行っている。ハワイ島やカウアイ島に行ってみたい。パッケージ旅行はやめにして自分で旅行プランを作り、ホテルもフライトも全てカスタマイズだ。ゆっくりと家内の要望と私のニーズを満たせる旅行プランにしたい。 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。