健康で元気な体を求める老人ならば何をすべきか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

私たちの人生は、生まれて来た時に頂いた体がいつまで機能するかで生命と言う時間が決まる。それに運命と言う不確定要素が加わる。人の命がいつ尽きるか誰も分からないが、普通の生活が出来る期間を長くする事は出来るのではないか。同じ81歳の老人でも個人差で60歳代ぐらいの体力を有している場合が有る。他の老人は、普通の生活が出来きない不自由な生活を送っている。この違いはどこにあるのか。

自分の体を意識して面倒を見る人とそうでない人では、健康寿命が違うと私は思っている。老人は、元気な体を持っているかどうかが問われる。

自宅から一歩外に出てみれば、色々な老人たちが歩いている。普通に元気よく速足で歩いている老人、ヨロヨロしながらゆっくり足元を見ながら歩いている老人、杖に体重をかけながら歩いている老人など体の機能低下で老人の生活が変わってくる。老後の生活をどの様な生活にしたいかは、自分の体に聞いてみる必要がある!

あなたが80歳になった時にどのような生活を送っているだろうか?

私は64歳になった。元気で健康だ。私の老後は、この目標を達成するためにある。

この目標とは、・・・

”80歳になった時にベンチプレスで83キロのフリーバーベルを上げることだ!”

80歳の老人が83キロのバーベルをベンチプレスで上げられないのが普通だ。私は、それが出来ると思っている。実際に80歳以上の老人がベンチプレスで80キロ以上を上げているのを知っている。週2回スポーツセンターにあるジムで筋トレをしているが、そのジムで80歳以上の老人がベンチプレスで80キロ近い重量を上げている。

普通の生活をして83キロのバーベルは上げる事が出来ない。筋力を付ける生活習慣を身に付けないとダメである。筋トレは、一部の筋肉をトレーニングするだけでなく体全体の筋肉を鍛えないと総合力が発揮できない。歩けない足になっていたら、とてもとても、83キロのバーベルをベンチプレスで上げられない。

普通の生活が出来る以上の体力が要求される。

80歳で普通の生活が出来る以上の体力があれば、それだけで幸せだ。私の価値観は、お金ではなく、「普通の生活を楽しめる体」である。80歳以上の老人が筋トレをやっているが、力強い体を持っている。姿を見ただけで筋肉が見える。彼らは、普通の生活以上の生活が出来る体力を持っている。

80歳の老人が力強く歩いている姿を想像していほしい。自分も80歳になった時に力強く歩いていたいと思うはずだ。普通の生活が出来る体があれば、自分の年齢をあまり気にせずに残りの人生を楽しめる。多くの老人は、やせ細り、身体の機能障害で表の世界に自分一人で出て行けない状態だ。老健施設や老人ホームに縛り付けられる生活を送っている老人が多い。普通の生活が出来る体が維持て来ていれば、・・・・と思う老人が多い。

食べて行く上で不自由がない金融資産があれば、金銭欲はいらない。老人が欲しいのは、健康な体だ健康な体は、自分で作りださねばならない。60歳を過ぎた頃から体の筋力が急激に衰え始める。普通の生活をしていても衰えのスピードは変わらない。

足の筋力から体全体の筋力を意識して鍛え続けないと老人の体は、筋肉を失い続ける。健康な体を求める老人ならば、今から筋トレを始める事だ。友達で筋トレをやっている人がいたら、その方に聞いてみることだ。筋トレ効果を。出来れば、70歳代の老人で筋トレを継続している方がいれば、その人に聞いてみると一番良い。

60歳代、70歳代で始める筋トレならば、まだ間に合うと私は思っている。80歳代になってから筋トレを始めても体が既に衰えすぎているかもしれない。軽い筋トレで現状維持が良いかもしれない。今、あなたが60歳代、70歳代ならば、力強い体を筋トレで作れる。1年間続ければ、その効果が体感できるはずだ。

ただ、

老人が筋トレを始める時は、必ず、パーソナルトレーナーの指導の下で始めたほうが良い。正しいやり方があるからだ。老人は無理が出来ない。継続する運動習慣をまず身に付ける必要がある。そのためにパーソナルトレーナーが必要だ。

老後の生活で一番重要な事は、普通の生活ができる健康な体だ!お金ではない。体だ。健康で力強い体がある老人ならば、お金を作れる。筋力を失った体は、直ぐに元に戻れない。健康な体ほど老後の生活で価値があるものはない。

この記事「健康で元気な体を求める老人ならば何をすべきか?」のポイントは、

  • 老人になればなるほどモノを言うのは元気な体を持っているかどうかだ。
  • 老後の生活をどの様な生活にしたいかは、自分の体に聞いてみる必要がある!
  • 健康な体ほど老後の生活で価値があるものはない。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。