賞味期限があるお金と老後の時間をシニア夫婦がどう使っているのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

yoroizuka R

湯河原温泉で一泊後、横浜への帰り道に一夜城ヨロイヅカファームに立ち寄った。小田原市早川にある。甘いものが食べたかったので家内と一緒にCafeに入り、ケーキセット(1000円)を頼んだ。コーヒーもケーキも本当に美味しかった。

私達夫婦は、年に2回、3回のドライブ旅行に出かける。夫婦で一緒に楽しめる時間を大切にしているからだ。60歳を過ぎると老後に一緒に楽しめる時間が少なくなるからだ。老後の時間とお金には賞味期限がある。

老後の生活には時間とお金に賞味期限が生まれる

cakeset R 

家内は、この一夜城ヨロイヅカファームのことを知っていた。亡き川島なお美さんのご主人が経営しているお店である。お店の外は広い駐車場と農場だ。ミカンやレモンの木があり、実を付けていた。

farm R

畑の中にこんなアートがあった。カエルが抱き合っている。川島さん夫婦なのだろう。カエルの足下には、川島さんのファンからの花束が添えられていた。

カエルの夫婦

愛し合っている姿がこのカエルの像から読み取れる。夫婦はこう有るべきではないかと・・・老いてきても!このファームに訪れる人は、子供連れ家族から中高年の女性グループが多い。山奥まで自動車で上っていく。自然が豊かで相模湾が見渡せる。

私たち夫婦は、一泊二日の小旅行を機会がある度に楽しんでいる。近場でまだ訪れていない場所が沢山あるからだ。湯河原温泉は、初めての場所であった。泊まった旅館は、「旅館 幸太荘」で無料のミカン狩りを楽しみながら貸し切りの露天風呂を満喫できた。一泊朝食付きで一人1万円ぐらいであった。じゃらんで格安プランがあった。

自然に囲まれた環境と風景で年老いていく自分たちの老後の生活を楽しむ。仕事はインターネットがつながる場所であればどこでも何時でも出来るので都合の良い日時に夫婦でドライブ旅行に出かける。二人とも運転が出来るので疲れたら交代という感じだ。

年老いてくると感受性が衰えてくる。体全体の機能も衰えてくる。体が不自由になる前に出来るだけ夫婦で行ける場所に行く。一緒にいる時間は限られる。いつ神様から呼ばれるか分からない。家内のご両親も高齢だ。90歳近い。まだ、二人で普通の生活が出来ているが、もう時間の問題で介護が必要になるだろう。

介護が必要になれば、家内はご両親の実家に頻繁に出入りすることになる。旅行もあまり出来なくなる。私たち夫婦が新婚でいた時期のように二人で動き回れる時間は限られる。子供たちがやっと巣立ちしても今度は両親の介護となる。

だからこそ、平穏無事の時期に二人で楽しめる時間を思いっきり楽しんでいる。お金はかかるが、体や時間が不自由になれば使えるお金も使えなくなる。お金と老後の時間には賞味期限がある有効に使えるときに使うのがお金と老後の時間の賢い使い方だ。楽しい時間を楽しむためにお金を使う。

お金よりも時間のほうが価値がある。時間を無駄に使いたくない。シニアである時間はあるようでない。60歳を過ぎれば、急降下で体が衰えていく。意識的に健康的な生活習慣を身につけないと体の弱い部分からやられていく。床につくような病気になれば、旅行どころではなくなる。

元気でいられるうちに、感受性が衰えないうちに、生涯の伴侶と一緒にいられるうちに、賞味期限があるお金と時間を使って悔いのない人生を楽しみたい。お金がなければ、稼ぐ。稼ぐ方法が身についていればそれが出来る。シニアは、時間を味方にし、お金を稼ぎながら余生を伴侶と一緒に楽しむべきだ。お金、お金と貯めるだけが人生ではない。

もう一度言いたい!お金には使うための有効期限がある。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。