夜歩く高齢者は自動車にはねられる危険に気がついていないのでは? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

足を鍛えるためにシニアが夜歩くのを見かける。実は、自動車が通る夜道を歩くのはとても危険だ。ドライバーは、道の右左をよく見ないで運転している。車のライトが夜歩いている高齢者を照らして始めて気がつく。

こんな時に遠くから誰かが道の両脇を歩いているというサインがあれば、ドライバーは事前に気が付き速度を落とす事が出来る。歩行者が歩いているということがショートビームのライトではすぐに分からない。突然、道路の脇を歩いている高齢者を見つけることになる。タイミングを間違えれば、後方から高齢者を跳ねることになる。

この危険を夜歩く高齢者は気がついていない!

夜歩く高齢者は、後ろから来る自動車に自分の居場所を知らせるライトが必要だ!

私は、夜遅く帰宅する。最寄りの駅から自宅まで20分ほど車道の脇を歩く。街灯が道にないところが多いので自動車の往来にいつも気をつけている。私も自動車を運転するので真っ暗な夜道に急に見えてきた人影にいつも肝を冷やす。自動車のフロントライトが前方を歩いている人を捕らえて始めて気がつくのだ。

そんな経験から自分が夜歩くときには、腕に朝日電器 ELPA エルパDOP-MK01 [LEDマーカーライト バンドタイプ]を付けて歩いているヨドバシカメラのオンラインショップ500円以下で販売している

LED Light

夜歩いている人は、体に何か光る物を付けて歩くと後ろから来る自動車にはねられない。前から来る自動車は、自分で分かるので危険を避けることができる。後ろには目がないので後ろから来る自動車に気をつけてもらうしかない。体に付けているライトは、事前に後ろから来る自動車に信号を送ることができる。

ドライバーは、遠くで何か光っていると気がつく。近づくにつれてそれが人間である事に気づく。真っ暗な夜道に人間が歩いていると言うことをLEDライトが事前に知らせてくれる。

自動車、バイク、自転車には、必ず、テールランプが付いていて光を出している。同じ事を歩いている人間も行えば危険防止になる。99.9%の人は、このような危険防止策をとっていない。街灯が少ない道を歩く人、または、夜歩き運動をしている高齢者は、セーフティライトを身に付けて歩くべきだろう。

夜、走っている若者がいる。彼は、腕に、または、シューズのかかとにLEDライトを付けて走っている。歩くときも同じようなLEDライトを身に付けていると安心だ。500円ぐらいで直ぐに買える。後ろから来る自動車に跳ねられて亡くなるリスクをこれで回避できるならば安い買い物だ! 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。