健康維持が簡単に出来る階段の上り下り:体の血液を回す - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

階段の上り下りを避けるシニアが多い。若者たちもそうだ。シニアの場合、膝の障害で階段の昇り降りができない場合があるが、そんな身体的障害が無いシニアならば、積極的に階段を利用する方が良い。私は、通勤時に必ず駅の階段を使う。隣にエスカレーターがあるのだが、あえて階段を使っている。

階段の上り下りを習慣にすると知らないうちに足腰が鍛えられて健康になって行く。健康になって元気に生活をしたいという欲望を持ったシニアは多いはず。欲望があっても実際に動かないシニアが多い。これが現実だ。誰もが楽な生活を優先する。楽な生活はシニアにとって天国のように思えるが、実際は死の階段を上って行っていることを認識していない。

シニアの楽な生活は死の世界への誘惑である!何故か?

シニアの体は、老化して行っている。何もしなければ、確実に老化を早めている。その典型的な事例が、シニアの足の筋肉だ。何も運動をしない生活を続けていると70歳から80歳の間に足の筋肉が急激に衰えて行っている事に気付く。シニアの筋肉は、若者よりも楽な生活環境に適応し易い。一度、筋肉が落ちるとシニアの体は、元に戻るのに時間と苦労と苦痛が伴う。筋肉を維持する重要性がそこにある。

体の部位で一番筋肉が大きいのが腰から下の筋肉だ。この部分は、筋肉低下で支障が出て来ると自分の足で歩けなくなる。車椅子の生活が始まり、他人の助けが必要になる。典型的な老人ホームの生活だ。誰もがそんな生活を送りたくないと思っている。出来るならば、そんな体になることを遅らせたいと感じている。

普通の生活が当たり前に出来る体を維持したいという欲望はあるが、それを可能にする努力を全然していないシニアが多い。運動が必要なのはわかっているらしいが、実際にアクションに結び付かない。

一度楽な生活に入り込むと面倒な生活、苦痛が伴う生活に入れない。シニアは体が衰えて来ると特にこの傾向が強くなる。運動をするために何か特別な理由が無いとシニアは動かない。動かなくても楽な生活が出来るからだ。

でも、

それは、自分の体を弱くする。普通の生活が今出来ていれば、今後のその生活が続くとシニアは考えがちだ。それが違う事に気が付くのは、75歳を過ぎた頃ではないか。足が思うように動かせない、遠歩きが出来ない、歩くと疲れやすい、歩く速度が遅くなる。知らないうちに足の動きに障害が起きてくる。

そんな状態になったシニアは、出来るだけ歩く事を日課にして意識的に階段の上り下りをすることである。ただ、歩くだけでは筋肉は元に戻らない。筋肉細胞を刺激して筋肉を増やす運動が必要だ。階段の上り下りはそれが出来る。

60歳を過ぎたシニアは意識して足の筋肉を鍛える必要がある。その手段として階段の上り下りが最適で習慣にし易い。外出時に階段があれは、必ず階段を使う。それをする意識とアクションがあれば、知らないうちに足の筋肉は鍛えられる。

私の場合はこんな事をしている。

月に2回、NPO団体の定例会があるビルの8階で開催される。エレベーターはあるが使わない。必ず、8階までの上り下りを階段を使う。4階ぐらいで息が切れ始め、足の筋肉が疲れ始める。それを踏ん張って8階まで上り下りをする。かなり、息が切れ汗が出てくる。

通勤時や外出時に駅のエスカレータを使わずに階段を使う。駅によっては、階段が沢山ある。それでも階段を使う。私が階段を使うのは、今の内に「筋肉貯金」をするためだ。そう、筋肉貯金が出来る。継続的に体の筋肉を鍛えると筋肉はそれを覚えてくれる。一度、その経験を筋肉がすると筋肉が低下しても運動さえやり始めれば元の筋肉に戻りやすくなる。

さらに、良い事は足は第二の心臓であるため階段の上り下りで血液を体中に回せる事だ。新鮮な血液が体中に回っていないと顔色が悪くなるし、肩こりや腰痛が常態化する。老人になればなるほど、体を動かさない楽な生活は体にとって「毒」になる。

健康を求めるシニアや老人ならば、まずは階段の上り下りから習慣化する方が楽だ。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。