何をすれば免疫力を高められるのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

first step 筋肉を鍛える事で寿命を延ばせる

私たちの体は、年齢と共に免疫力が低下していく。免疫力が低下していくと色々な病気に対抗できなくなりガン細胞が顔を利かすようになるらしい。

2015年5月17日夜18時30分に放映されたTBS番組「夢の扉プラス」病を治す!?驚きの筋肉機能というタイトルで紹介された。筋肉を使う(活性化させる)と免疫力を高めるホルモンが出るというのだ。

筋肉の中に、“病気を予防する”様々な物質が眠っている 

まず、こちらの番組を見て頂きたい。TBS番組「夢の扉プラス」病を治す!?驚きの筋肉機能

昔から筋肉を鍛えている人は、寿命が長いとか、健康だとか、若いとか言われている。筋肉を鍛えると細胞の活性化が促されるからだ。毎日新しい細胞が死んでは生まれて私たちの体は成り立っている。新陳代謝の機能が衰えると細胞の活性化も衰える。毎日運動をしている人の顔と運動していない人の顔を見て何か違いを感じないだろうか。

健康的な印象を与える人は何か運動を継続的やっている人が多い。体格を見た時の第一印象からもそれが分かるだろう。背筋がぴーんと伸びている。歩く時によろよろしていない。肌に張りがある。色々と良い面が体に表れている。

体の外に出てくる見映えだけでなく体の中にも筋肉を鍛える事で良い面が沢山生まれてくると言う。糖尿病が改善される、高血圧が治る、痴呆症が防げる、または、改善される、心筋梗塞など血液関連の病気を防ぐなど。筋力を増やし維持していく事で体の免疫力が強化される。

こんなに良い事尽くめであるのに私たちは直ぐに実行できないというジレンマがある。

運動が好きでない、定期的に運動が出来ない、直ぐに飽きてしまうなど習慣付けまで行かない場合が多いからだ。ここで意志が強い人は、自分の健康のためガンバル!! 自分の資産を使うならば医療保険ではなく、筋肉を活性化させる習慣付けに投資した方が良い。

近くのスポーツセンターに行ってみてください。マンツーマンでトレーナーから筋肉トレーニングの指導を受けて下さい。自分で継続的に出来るまで体を慣らして習慣付けになるまでトレーナーに指導して頂いて下さい。そこで使うお金は生きたお金になる。医療保険や生命保険は死んだお金である。

自分にプラスに返ってくるお金にするには、自分の健康に使う方が良い


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。