なぜ、老人は転倒して寝たきりになるのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

病気や転倒で寢ったきりになる老人の世話は周りの人に迷惑をかけるだけでなく、介護や医療費の面でも負担が多い。寝たっきりの生活になったら今までの人生がウソのような幸せな人生に思えるようになる。誰もが寝たっきりの余生を送りたくないと望み、早く死にたいと思う。

でも、簡単には死ねないらしい。

元気で健康な年齢の人は、自分の両親の介護を経験して寝たっきりの余生はとても辛いと感じているはずだ。自分の力で身動きができない生活、トイレにもいけない生活、ベッドの中でじっとしているだけの生活は牢獄生活よりも苦しい。

寝たっきりになる原因は、(1)脳卒中(全体の4分の1を占める)、(2)骨折、骨粗しょう症、(3)認知症である。脳卒中や認知症は防ぎようがないが、骨折や骨粗しょう症のような整形外科的な原因ならば、予防ができる。

元気で健康な老人でも転倒して骨折をすると寢ったきり生活になる!

高齢者が転倒で骨折をすると寝たっきりの生活に陥るリスクが高くなる。転倒して怪我をしない生活を送るには、足だけでなく体全体の筋力を維持強化するしかない。この事は、高齢者の間で常識になっているのだが体の筋力を鍛え続ける運動習慣を身につけられない老人が多い。毎日歩くこともしないで楽な生活を送ってしまい、気がついた時はもう遅いという結末だ。

筋肉を鍛える運動を続けると骨の強度も強化される。高齢者にとって筋肉と骨を強化する食事と運動は必須になっている。筋肉は体を定期的に動かしているだけで維持ができるが加齢による衰えは防げない。それを防ぐには、筋肉を増やす筋トレがどうしても必要になる。筋肉は骨と二人三脚になっている。骨を直接鍛えることは難しいが筋肉を鍛えることは出来る。

筋トレの効用は、

  1. 転倒した時に腕の力があれば衝撃を和らげられ、骨折を防げる
  2. 体全体の筋力が強化されるとバランスを崩した時に体の状態を維持できるようになる
  3. 倒れそうなったときの踏ん張れる足の力が身につく

高齢者が寝たっきりの生活に入ると若者以上に足の筋肉が衰えてしまう。一度、足の筋肉が衰えてしまうともとに戻すのが非常に難しくなる。時間と苦痛を伴うので不自由な生活が続く。

そのため、

寝たっきりにならないようにすることが最大のポイントになる。回復力が老人と若者ではそうとう違う。70歳代、80歳代の老人が寝たっきりに成ったら自分の足で歩くことが出来るまで1年以上の時間がかかるだろう。その間、家族や介護ヘルパーの支援、そして、老健などの施設でリハビリに励まなければならない。

兎に角、筋トレの運動習慣で転倒しない体力を身につけることである。体力と筋力の低下が寢ったきり生活になる入り口だ。寝たっきり成っては、ピンピンコロリと死ねない。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。