LED照明、家のどの場所に使うべきか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

リビングルームの照明電球が突然切れてしまった。玄関や洗面所も最近電球が切れている。電球はそれほど頻繁に取り替えることがない。2年に1回あるかないかだ。普通の電球を買いに近くのケーズデンキに行ったのだが、シリカ電球や蛍光灯電球の数が激減しLED電球ばかりになっていた。

私のLED照明の印象は明る過ぎて目に刺激がありすぎる。感じとして目や体に良くないように思える。とは言うものの時代はLED照明に向かってしまっている。日常生活で必要な照明分野で技術革新が現実の世界に入ってきた。避けることができないLED照明をどう使えば良いか。

LED照明は照明スイッチON/OFFが頻繁にする場所に最適!

LED電球は耐久年数が長い。スイッチON/OFFを頻繁にしても電球に負担がない。それを活用して我が家では、照明スイッチON/OFFが頻繁にする場所にLED電球を使っている。

照明スイッチON/OFFが頻繁にする場所

  1. 玄関の照明
  2. 洗面所の照明
  3. トイレの照明
  4. ダイニングテーブルの照明

リビングルームの照明もLED電球にしようとしたが、照明が3つもあるのでダイニングテーブルの部分だけLED照明にして残りは耐久性がある蛍光灯電球の照明にしてある。ダイニングテーブルの照明は、スイッチON/OFFを頻繁に行うからだ。

LED照明のデメリット

  • 直進性の照明であるため目が疲れやすい
  • LED照明はブルーライトを発生させるため健康に良くない
  • 高価

LED照明のメリット

  • 低消費電力で電気料金を下げる
  • 紫外線が出ないため虫が寄ってこない
  • 有害物質を使っていないため環境に良い
  • 管が破れにくい
  • 寿命が長い
    ・白熱電球 1,000〜2,000時間(一日6時間点灯の場合、166日〜333日)
    ・蛍光灯 6,000~12,000時間(一日6時間点灯の場合、1,000日〜2,000日)
    LED 40,000〜50,000時間(一日6時間点灯の場合、6,666日〜8,333日)

人が長時間いるような場所は避けたほうが良い「適材適光」LED照明を使うのが現時点で一番良い使い方である。

結論

時代の流れは、LED照明に向かっている。明るさと耐久年数でメリットがあるからだ。自分たちの生活環境にLED照明はすでに深く入り込んでいるのだが、決して目に優しい明るさや暖かさを提供していない。便利なのだが、使い方を間違うと知らないうちに体を疲れさせてしまう。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。