老婦人の魅力、シニア男性がどう感じるのか? - シニアの仕事、健康、筋トレ、暇

80歳過ぎの老婦人が私の前を通り過ぎた。そごう横浜デパートの3階エレベーター出口あたりであった。誰が見てもおしゃれな老婦人。ちょっと目立つ赤い口紅を付けていた。年齢はどう見ても80歳を越えているのだが、歩き方、姿勢、ファッションがシックで落ち着いていた。健康な80歳代の婦人はこんな感じなんだろうと思わざるを得なかった。

一般の老人が住む世界とは違った世界で生活をしている老婦人の印象である。

style lady

この写真の女性のように姿勢が良く、雰囲気が良い服装をしている。姿勢が良いだけで着ている洋服が目立つ。それに髪型が清潔で綺麗であれば申し分ない。

何歳になっても「おしゃれ、お化粧、姿勢」は女性を魅力的にする!

68歳の男性の目からしてあの80歳代の老婦人は魅力的であった。私が横浜界隈で見かける80歳代のご婦人たちと比較してもおしゃれでお化粧が上手かった。背筋がすっとして姿勢が良かった。多くの80歳代のご婦人たちの歩き方はちょっとよろつく歩き方で速度が遅い。

おしゃれとお化粧が上手いシニアのご婦人は男性の視線を買う

普通に見かけるシニアの女性は在り来たりの老人と言う印象である。歳を取るとおしゃれとお化粧においても個人差が出てくる。おしゃれを忘れた老婦人、お化粧をしなくなった老婦人、健康的な体を意識しなくなった老婦人、色々な面で老婦人の内面がおしゃれ、お化粧、体、歩き方、姿勢に出てくる。

地味な老婦人は損をする。老婦人であればあるほど、目立つおしゃれとお化粧をすべきである!

おしゃれとお化粧にも品がある

バランスの取れたおしゃれとお化粧を身に付けている老婦人が魅力的である。おしゃれとお化粧は老化による醜い体を隠してくれる。老婦人の魅力は自分の体の醜さをおしゃれとお化粧で上手く隠せるかどうかだ。女性は一般的にお化粧で顔が化けるのが上手い。

今日見かけた80歳代の老婦人は自分が最も魅力的に見えるおしゃれとお化粧をしていた。長年の経験と勘で80歳代と言う年齢をおしゃれとお化粧で他人に印象付けない。写真を取っていたならば、ここで紹介したいのだがそんなチャンスはなかった。記憶に残っているイメージではイアリング、赤い口紅、シックなネッカチーフ、トレンチコートのようなコートぐらい。歩いている姿勢が実に良かった。

自分のチャームポイントを意識したおしゃれ

これから70歳、80歳を迎えるご婦人ならば、歩く姿勢がチャームポイントになるので定期的に運動をして体を鍛える事である。年齢とともに腹筋や背筋が弱くなり猫背的に丸くなる。こうなるとどんなにおしゃれとお化粧が上手くても魅力は半減してしまう

若さをおしゃれとお化粧で強調したい老婦人であるならば、ケバケバしい原色を使ったファッションや目立つお化粧でも良いが、「品」を意識した老婦人になりたいならば、おしゃれとお化粧で一つ目立つチャームポイントを表現したら良いと思う。これは68歳のシニア男性の勝手な感覚である。

銀座のママの和服姿を銀座通りで見た。後ろ姿であったが、髪型と和服が銀座のママであると言っていた。60メートルぐらい離れていたが気が付かないうちに後姿をずっと目が追っていた。私の視線に気がついたのか、そのママがこちらを振り向いてニコリと微笑んでくれた。一瞬、ハッとしたが嬉しかった。

男が女を見る目は年令に関係なく魅力があればじっと見つめる。

結論

年令に関係なく自分を綺麗に見せたいという意識が行動に現れている老婦人は見れば分かる。もう年寄りだからお化粧をあまりしないで出かけてしまうのはつまらない。おしゃれとお化粧は女性を若返らせる。精神が若いとそれが外面に出て来やすい。

自分のチャームポイントを自覚していれば、それが目立つお化粧やファッションをすれば良い。なにもないと思っている老婦人ならば、姿勢を良くすることである。背筋がすっと伸びて歩く姿は老婦人を魅力的にする。

運動を定期的にやっているシニア女子は身のこなしと姿勢に良い影響を出している。体全体の筋肉バランスを維持できているため姿勢が良くなっている。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方は  まで。

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。