美貌よりもパーソナリティー - お金、筋トレ、健康、仕事

結婚をする時に美貌を優先する男性は、奥さんが40歳を越えた頃に間違いに気がつく。美貌は年齢とともに衰えて変貌していく。ますます美しくなると言うことはなく、むしろ醜くなる。肉体美は老化と同調する。顔は特に嘘をつかない。シニアの顔ほどその人の人生を映している。

パーソナリティーに魅力を感じて生活を共にする

定年退職離婚を迎える夫婦は、第二の人生を一緒に楽しむ機会を失う。離婚する理由は沢山有るかもしれないが、残りの人生をお互いに悔い改めて再出発と言うこともある。一度離婚して、再出発でまた結婚する。同じカップルで。その時、今までの反省をお互いにする必要がある。

反省をするには、本音でお互いの気持ちを伝えあい、お互いに自分たちの欠点を改善する努力をする必要がある。離婚してお互いに一人寂しく余生を暮らすのは辛いだろう。世の中には、病気や事故で伴侶を失う人たちも多い。夫婦という形で一緒に生活が出来る幸せを無駄にする必要はない。いずれ、どちらかが先に死別することになる。それまで一緒に残りの人生を楽しむ企画をすると良い。

性格やパーソナリティーが面白い、楽しい人と夫婦になるとあらゆる面で人生が楽しくなる。 

若い頃は若さが美貌であった。男女ともにそうだ。歳を取り始めると美貌は失い肉体美は消え失せる。これは自然な流れだ。一方で性格やパーソナリティーは年齢を重ねるにつれて洗練されてくる。一緒に居るだけで楽しくなる性格やパーソナリティーであれば、どこに居ても幸せが飛び込んでくる。

人生の伴侶を決める時は、一緒に居て楽しめる性格の持ち主であるかどうかで決めるべきだろう。一番良いのは、楽しめる性格と美貌を備えていればそれが最高である。私の家内は、そんな女性である。毎日一緒に居るだけで笑いが飛び出す。彼女と一緒に居て笑わない時はない。

笑いがない夫婦はつまらない。一緒に居て居心地が悪い夫婦は続かない。歳を取れば取るほどお互いのパーソナリティーで人生を楽しむ機会が多くなる。肉体は時間と共に朽ち果てていくからだ。どんなに整形やエステをしても肉体は若返られない。若が得させるならば、パーソナリティーだ。いつも若い気持ちで居られればそれが体に伝わる。

自分に合った人生のパートナーを捜すには、損得勘定、美貌、憧れ、願望などではなく一緒にこの人と居て楽しくなるかどうかで捜す!

どんなに苦しい時でも一緒に居ればその苦しみが苦しみでなくなるような楽しい性格な人ほど幸せを呼びつける。この世の中は不思議な事だらけの世界だ。科学や知識だけで理解できる物は限られている。Love(愛情)なんて物も理解されていない。本能で感じているだけだ。

私の結婚は、非常に楽しくなる人との結婚である。その点では、最高に恵まれている。誰しもパーフェクトな人はいないが、一緒に生活することが楽しくなると言うパートナーと出会えたのは最高に幸せである。

年老いた夫婦の生活は、お互いの生活リズムを尊重し、一緒に居る時の時間を楽しむところにある。生まれれば必ず死が待っている。一緒に居られる時間は限られる。子供たちが巣立ち、親としてやるべき義務を果たし、人間として後を継ぐ人間を生み育てた。

次世代の自分たちを育て上げた後は、今まで出来なかったことや楽しめなかったことを夫婦二人で一緒にやることだ。二人で居られる限りズッとだ。

兎に角、結婚する相手(生涯の伴侶)は楽しい性格の持ち主が良い。美貌だけで決して判断しないことだ。英語にこんな表現がある。

Beauty is just skin deep. 皮膚の下は皆同じ。美しさの度合いは皮膚の深さだ。一皮剥けば同じだ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。