どのようにしてシニアは孤独を避けるのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

見えない病が精神面からやって来る。孤独である。色々な事情から独りで生活をしなければならなくなった高齢者。独りの生活でも孤独にならない老人、孤独に悩まされる老人がいる。 夫婦で生活をしている時は、まだ、幸せな時期である。どちらかが、普通の生活が出来なくなる、又は、他界すると孤独の世界が襲ってくる。

孤独を避けるには、孤独を感じない生活を送ることではないか!

独りの世界に没頭できる趣味を持つ。私の知人は、畑を耕すことが出来なくなった農家から土地を借りて野菜作りをやり始めた。農地を遊ばしておくと農家に税金が発生するため、無料で土地を借りられたという。野菜作りは、色々と勉強しながら、試行錯誤が求められる。自然との対話がある。

何かに打ち込み始めるとその道先で色々な人たちとの接点が生まれ、会話が出来る仲間が出来る。同じテーマで話が出来て、お互いが学べる。それがきっかけで友だち付き合いというか、仲間付き合いが始まる。

仲間が出来れば、孤独から逃れられる。

孤独を楽しむには、まず、孤独の世界で孤独を意識しない物を見つけて没頭することである。私は、料理が出来ない。独りになったら、必然的に自分の飯を作らねばならない。料理を一から勉強することになる。最初から料理を教えてくれる身近な友達がいれば楽しいのだが、そんな友達はいない。

本来ならば、今から少しずつ家内に料理を教えてもらえば良いのだが・・・家内に甘えてしまっている。独りになったら、マジに料理を勉強しなければならない。外食だけではお金がかかるし、健康的な食生活は出来ない。お米は炊ける。朝食ぐらいは出来る。目玉焼き、トースト、サンドイッチなどだ。

幸運にも仕事がある。インターネットビジネスであるのでネットの世界で接点がある人たちと会話が出来る。Facebook、LINE、Twitterなどのソーシャルメディアでコミュニケーションが出来る。

インターネットは、見知らぬ人たちと簡単に会話ができる仕組みがある。相手に見えるのは、メッセージ文字だ。この仕組みになれれば、インターネットの世界の住民に成れる。インターネットでは、本名も性別も年齢も職業も知られないで会話が出来る。

現実の世界で会おうと思えば、それも出来る。新しい仲間をインターネットの世界から探し孤独から自分を守る。多くの引きこもりさんが、インターネットでは活発に見知らぬ人たちと会話を楽しんでいる。お一人さんのシニアは、現実とインターネットの世界を上手く活用して会話が出来る人たちを作れる。

インターネットが初めてなシニアは、近所のパソコン教室に通うと良いだろう。パソコン教室でタブレット・スマホの使い方、インターネットの楽しみ方などを教えて頂けば良い道先案内になる。

この時代では、もう、インターネットなしでは物事が回らない社会になろうとしている。インターネットは、電気、ガス、水道、電話のような生活の必需品になっている。出来るだけ早い時期にインターネットの知識と使い方を学ぶ機会を得るべきだ。老人だから出来ないなんて思わないで出来る事から始める。

誰もが最初は分からない。勉強しながら段々と全貌が見えてくる。全貌が見えてきて使い方が一寸ずつ分かってくると学習が加速する。後は、使いながらインターネットの面白さを楽しめば自然と今まで分からなかったことが分かってくる。

インターネットに慣れてくれば、あとは仲間捜しをするだけだ。探し方は、色々ある。色々なホームページを閲覧しながら参加出来るコミュニティーを捜す。この作業だけでも孤独から自分を守れる。学ぶことが沢山出てくるからだ。学ぶことの面白さを味わえる。 

新しい学びの先に新しい仲間が待っている。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。