シニアのメガネ、レンズの度をチェックすべきタイミングは? - 仕事、健康、筋トレ、暇

この1ヶ月辺りに何故か右目周辺に痛みを感じ始めていた。痛みを感じるときは、1点をじっと見てから別の場所を見るときや目を閉じるときである。この症状が治らないのでこんなテストをしてみた。私は、3つのメガネを持っている。

  1. 遠近両用メガネ(日常用途で使っている)
  2. 中近両用メガネ(仕事でパソコンを使うとき)
  3. 近近両用メガネ(新聞や本など近くのものを見るとき)

遠近両用と中近両用メガネを日常用途で使って右目周辺に痛みを感じるかどうかというテストである。1週間ぐらい中近両用メガネを日常用途で使ってみた。右目周辺に発症する痛みは起こらなかった。

このテストから分かったことは、遠近両用メガネの度数が合わなくなってきているのではないかと。それで眼鏡市場の無料視力検査を受けて見ることにした。

眼鏡の度が合わなくなると目周辺に痛みと疲れを感じ始める

眼鏡市場の無料視力検査は私が緑内障で通っている眼科クリニックの視力検査よりも設備が整っているためより正確な度数を測れる。眼科クリニックによって視力検査をするときの設備にばらつきがある。私が抱えている右目周辺の痛みと疲れについて説明して今の眼鏡の度数と検査で分かった度数を比較してもらった。

結果は、右目の度数がかなり悪くなっていた。今の眼鏡のレンズは、5年ほど前に3万6000円ぐらい支払った遠近両用レンズである。歪みが少なく、極薄のレンズに傷が付きにくいコーティングをしてもらった。5年経過するとシニアの目は悪くなる。

問題は、今掛けている眼鏡の経過年数を忘れることだ。日常生活で不自由を感じないとレンズの度数が少しぐらい合わなくなって来てもそのまま使い続けてしまう。

遠近両用眼鏡のレンズを取り替える

レンズの度数が合わなくなると見え難くなるため目が必要以上に頑張ることになる。今までは右目で見え難いものを左目でカバーしていたが、その限度を越えるほど右目の視力が落ちていた。それがトリガーとなって右目周辺の筋肉を痛めつけていたようだ。

度数のあった眼鏡レンズに取り替えることで右目周辺の痛みが消えるかどうかを確認する意味でメガネのレンズだけを取り替えた。料金は、遠近両用レンズ2枚で1万1800円である。前回はメガネスーパーで購入したレンズは3万6000円であったのでだいぶ安く収まった。ただ違う点はレンズの厚さが少し増したことである。

メガネスーパーが取り扱うレンズは、レンズの質の幅が眼鏡市場よりも広い。高級なレンズを求める人は眼鏡市場よりもメガネスーパーの方が選択肢が多い。

眼鏡のレンズが最適な度数になっているかどうか?

目の度数にあったレンズに取り替えてから右目周辺の痛みが消えている。眼鏡のレンズ度数と視力が合わないことが原因であると理解した。確かに新しいレンズで見る風景はハッキリしている。今までの少しぼやけた感じはなくなった。新しいレンズにしてまだ1週間も経過していないので本当にこの度数で最適かどうかは様子を見ている。

眼鏡市場のレンズは、1年間保証がある。レンズの度数が少し合わないのではないかと感じたら再度視力検査をして修正した度数のレンズに無償で取り替えてくれる。新しい度数のレンズに慣れるまで最低でも1週間ぐらいはかかる。現時点で感じていることは、あまりにも遠くの物がハッキリ見え過ぎるのではということと近い物を見る焦点が少しあっていない感じがする点である。

目が新しいレンズに慣れていないために起きている現象かもしれないので今様子を見ている。遠くを見る上では100%問題がない。一応、遠近両用レンズであるので近いものを見る上で支障があっては意味がない。

メガネを使う上での割り切り

65歳になって定期的な視力検査をして眼鏡のレンズ度数が合っているかを知ることの重要性を知った。3年に一度はレンズの度数が目に合っているかどうかを確認する必要がある。高いレンズを買うとできるだけレンズを取り替えないで使い続ける傾向がある。 

眼鏡市場のように手頃な価格で手頃な品質のレンズを手にすることが出来るのでここは割り切って3年に一度の定期視力検査をする。その結果、度数が合っていないようならば新しいレンズに取り替える。そう割り切る。

中近両用メガネを作ってから既に3年が経過しているのでこの眼鏡の度数も目に合わなくなっているかもしれない。パソコン用途だけに使っている眼鏡であるので仕事上使用している時間が多い。遠近両用メガネが落ち着いたら今度は中近両用メガネの度数チェックになる。

年齢が60歳を超えているシニアは遠近両用メガネを使っている人が多い。目に不快感を感じたら眼鏡の度数が目に合っているかどうかを確認したほうが良い。

結論:

眼鏡の度数が合わなくなると目の疲れや痛みを感じ始める。3年以上メガネを使い続けていると知らないうちにレンズの度数と視力が合わない状態になる。視力検査を無料でやってくれる眼鏡市場などを活用して定期的に目とレンズの度数をチェックしてはどうか。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。