笑顔がないシニア、幸せが逃げて行く - 仕事、健康、筋トレ、暇

smile 美人のスマイルは気分を明るくする

笑顔が多い女性の近くにいると幸せ感をいつも頂ける。無料であるのでなおさら良い。年齢、性別を問わず、スマイルがあると誰もが気分を良くする。そのスマイルが自然であればあるほど幸せのエネルギーを貰える。お店のスマイルは、作りスマイルが多いので心に響かない。

横浜駅地下街を昼間歩くと多くの高齢者が歩いている。彼らの顔には笑顔がない。夫婦で歩いていても会話がない。ドトールコーヒーのカフェの中で一休みしているシニアたちを覗き見ても笑顔が見れない。笑顔があるシニアを見る機会が殆どない。私もその一人であるが、自宅に帰って妻と会話するときは笑顔で一杯になる。妻との会話で笑いが溢れ出る。

時々、仕事場として使っているカフェのカウンターで元気の良い女性スタッフと会話をする。ちょっとした世間話であるが、笑顔が綺麗な女性に出会うとその日が気分的に軽くなる。笑顔は幸せ感を伝染する。

笑顔が無いと思うシニアはスマイルが多い人の近くに行く事

スマイルと笑いは多くの人に好感をもたらす。私は街中を歩いていても笑いやスマイルのあるシニアに遭遇していない。皆さん、沈んでいる感じがする。夫婦で街中を歩いている人たちを見ても笑いがない。会話もないように見える。

会話がないと笑いも笑顔もない

会話がシニアになると少なくなる。どちらかが亡くなるともう話をする相手もいなくなる。寂しさが増す。会話する相手が近くにいるシニアは幸せである。女性で話し相手がいない人は悲惨だ。独り言が多くなる。街中を歩くと男女問わず独り言を大きな声で言って歩いている老人を見かける。私の目から見ても普通の状態ではない感じがする。精神的な病気に陥っている。

シニアの生活で「体の健康と精神衛生の維持」は重要である。人間は一人では生きられない。仲間が必要である。仲間は求めて探さないと見つからない。自分でアクションを起こさないと見つからない。自宅にじっとしていては誰もあなたが話し相手を探しているなんてわからない。

会話のない老後の生活はつまらない、楽しくない、寂しくなる。伴侶が健在ならば、会話をするためのアクションを起こすことである。

夫婦の会話を増やす行動

  1. 訪問した事がない観光地を旅行する
  2. 二人が出会った場所に行ってみる
  3. 仲が良い友人夫婦をアフターヌーンティーに誘う

自然の流れで会話から笑いが生まれ、笑顔が作られる。

笑顔を見つける行動

人が集まる場所やイベントに出かける。笑顔が綺麗な美人を探す。そのスマイルからちょっとだけプラスエネルギーを頂く。

次に、自分の趣味に合った同好会やサークルを探す。町内会、区役所、市役所、スポーツセンターなど色々な公共施設で人が集まる情報を発信しているはず。興味を覚えた同好会、サークル、ボランティア団体などに顔を出す。

スマイルの綺麗な男女がいれば、その団体に参加する。参加しているうちに顔なじみになるはずである。そうなったら、会話する機会も増える。笑顔が多い人にまず話しかけてみる。笑顔に笑顔で答える。これで笑顔の会話が出来るはずである。

私は男性だから、笑顔が綺麗なお嬢さんたちがいる団体に参加する。一番手っ取り早いのは料理教室に通う事である。若い女の子と一緒に苦手な料理を学ぶ。新鮮な感じを受けるはず。

自分の生活の延長線上に笑顔がある

笑顔で話しかけると相手も笑顔で答えてくれる。これが基本である。私は筋トレが趣味になっている。週2回ゴールドジムに通う。受付でCheck-inする時、受付嬢が笑顔で挨拶をしてくれる。その笑顔につられて私も笑顔で挨拶をする。これだけのことだが、笑顔の交換をしただけで気分が良くなる。

仕事場としてカフェを使っている毎日である。コーヒーを買う時にアルバイト女性と会話をする。この時に笑顔で注文すると必ず相手も笑顔をくれる。コーヒーは有料だが、笑顔は無料で幸せ感を味わえる。午前はAというカフェ、午後はBというカフェでコーヒーを買う。その時、必ず笑顔で注文することにしている。

1日2回、笑顔の交換が出来る。会話は少ないが、確実に笑顔効果は起きる。ぶすっとした顔でコーヒーを注文するよりも笑顔で注文したほうが好感が持てる。意識して笑顔で注文する習慣を身につけると幸せが寄ってくる。

何故か人は笑顔が多い人に引き寄せられる

笑顔が多い人は幸せを感じる感度が良い。ちょっとした事で幸せを感じるからだ。幸せを感じると笑顔になる。私の妻はそんな人である。幸せを感じる感度が非常に高い。例えば、こんな事で幸せを感じて笑顔になる。

  • 自宅のベランダでヤモリを見つけると「かわいい!」と叫び、ニコニコしながら見ている
  • スマホにLINEクーポン50円引きが届くと「やった!」と叫び、歓喜する
  • 無料駐車時間以内にスーパーの駐車場を出られると競争に勝ったように喜ぶ

ちょっとした事で喜ぶ人は笑顔になる回数が多い。妻の友人はそんな彼女の性格に惹かれてか、お喋り大会のお誘いのLINEメッセージが多い。一緒にいると気分が良くなるからだと私は思う。

結論

笑顔がないシニア、幸せが逃げて行く。これは真実である。その人の精神状態が顔や会話に出るからだ。年寄りになると何故か感激する出来事が少なくなる。意識して笑顔を作る工夫が老後の生活で必要になる。自分で笑顔を作れない方は笑顔が多い人の近くに行くことである。

笑顔は会話の中で生まれる。伴侶が健在ならば、こんな事をする。

  • 訪問した事がない観光地を旅行する
  • 二人が出会った場所に行ってみる
  • 仲が良い友人夫婦をアフターヌーンティーに誘う

意識して笑顔が生まれる場所を探す。カフェで笑顔で注文してみる。必ず、相手も笑顔を返してくれる。笑顔の交換ができる場所を見つけて実行するだけで笑顔が幸せを届けてくれる。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。