シニアの体の痛み、高血圧、認知症を改善するにはどうしたら良いか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

2016年6月1日NHK「ガッテン」の番組でこんな良いことを学んだ。「癒しのホルモン」で痛み、高血圧、認知症を和らげられるということだ。「オキシトシン」というホルモンだ。親しい人(伴侶、家族、友人など心を許している人たち)からタッチケアを受けるとこのホルモンが出る。オキシトキンというホルモンは、一般的に愛情ホルモンと言われる。

体に痛みを感じ始めたら愛情ホルモン療法を試してみる!

60歳を過ぎた頃から原因がわからない関節の痛みや指のこわばり、筋肉の筋の痛みなどが出てきている。これらの痛みが出たり引っ込んだりしている。ほとんどは、老化による体の調整みたいだ。誰にでも起きる老化への切符が渡されたのだ。

人によっては、成人病の悪化やリュウマチなどに悩み始める。 更年期障害が続いている女性もいる。

そんな時に夫婦によるタッチケア療法がお役に立つ。タッチケアをする事でお互いに愛情ホルモンを分泌させることができ、痛みを和らげる。オキシトキンというホルモンは、心を許している人に体をタッチしてもらうだけで分泌される。いわゆる、スキンシップだ。

NHK「ガッテン」の番組では、こんなタッチケアの紹介があった。 

背中をなでるタッチケア療法

1)いすの背やテーブルにもたれて、楽な姿勢をとる
2)両手のひらを背中にぴったりつけ、全体をなでる

気を付けることは、1秒間に5センチ程度のゆっくりとした動きで手のひらでアイロンをかけるよう動作で1回10分程度なでる。これだけである。行う回数や時間帯などの制限はないのでお互いの都合がつく時にやってみると良い。

日本人の風習にないハグの行為は、欧米の生活で頻繁に見受けられる。ストレスや不安を感じている時にハグする人たちが多い。新婚当時は、出勤する前の玄関でハグをしながらキスをして出かけて行った覚えがある。今は残念ながら出来ていないが。機会があればやりたい。家内が許せばの話だが。

体が疲れるとマッサージサロンに行く。指圧サロンだが、気持ちが良くなり眠くなってしまう。多分、これも一種のスキンシップだろう。人間と人間が触れ合うと何かお互いの体の中で化学反応が起きるのだろう。オキシトキンというホルモンもそんな作用の一つなんだろう。 

日本のシニア夫婦は、意識的に愛情ホルモンをお互いに作りだしたほうが良いと感じている。1日10分間のタッチケアで体の痛みや不安が和らげられるならば、シニア夫婦向けの予防治療だ。シニアの体は、必ずガタが来る。その時、どうしても痛みを伴う。薬で痛みを和らげる前に愛情ホルモンで痛みを和らげてはどうだろうか。 

お金もかからないし、夫婦関係も改善されるし、痛みも和らげられる。一石三鳥である。シニア夫婦は、私を含めてタッチケアから生まれる愛情ホルモンのことを知っていない。 

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。