シニアカップルが、なぜ、一時お休み処ホテル(ラブホテル)を利用するのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

60歳を過ぎると若返りたいという気持ちが強くなる。シニア男女ともにその気持ちが増々強くなる。肉体を若返らせることは難しいが、気持ちだけは若返らせることができる。恋愛は高齢者の気持ちを時めかせる。シニアになって一人生活を始めたら、新しい恋を探し求めるべきではないか。

シニアカップルが刺激を求めてラブホテルに入る。そんな事が当たり前になる時代がもうすぐやってくる。今から10年後(2030年)には60歳以上の人口比36%ぐらいになる。2020年に100歳以上の老人が約8万人になっている。シニアは長生き傾向にある。

ラブホテルが高齢者で満室になるなんて時代が到来するかもしれない。シニアの人口が増加しているためラブホテル側もそのニーズを当てにしている。若い男女からシニアのカップルまで幅広くニーズを拾い始めている。

シニアカップルは一時お休み処ホテルで若い気分を味わう

性的な行為は個人差があるが高齢者でも出来る。色々なニーズがシニアになると生まれる。若者たちとはニーズが違ってくる。裸で抱き合うだけでも良い。一緒に居られるという時間を肉体を通して精神的な満足感を与える。シニアの行為は、抱き合うだけでも欲求を満たす。肉体的よりも精神的な欲求を求めるからである。

若さは本能に出る

シニア男性ならば、若い女性の体を見るだけで本能を喜ばせる。性欲が活発な男性や女性は、概して若い。若さは、本能に根ざした部分から生まれて来る。男性からの視点で言えば、若い女性を見て性的な欲求が生まれなかったらもう男性ではない!男性としての役割を終える。

シニア男女でマスタベーションをしていない老人は、枯れていると言われるかもしれない。自慰は子孫を残すための準備になり、性的な欲求を満たす。本能は子孫を残すために性的な欲求を生み出す。それが無くなれば、お互いの役割が終わる。同時に若さも失う。

伴侶を失うと老いが激しくなる

一人で寂しい生活をしているシニアは、若さをもらうために若い女性とベットインする体験も良いのではないだろうか。ただし、悪までも遊びとしてお金で切れる関係が良い。

シニア男女は既に子供を産んで育てるという人間としての義務を全うしている。余力あれば、そのエネルギーを人間の本能に任せ若さを楽しむ事ができる。人間の本能が機能している限り、そこから若さのエネルギーが生まれる。

伴侶を失うと一人寂しい生活になる。余生を楽しむには異性のパートナーが必要である。結婚する、しないの次元ではなく、一緒に残りの人生をともにするという意味で肉体的精神的なニーズを分かち合える。一人寂しい生活が続くと生きる気力が弱まってくる。そんな時、「老い」が激しくなる。

老いに対抗するには生きる楽しみを見出す行動を起こすしか無い。本能に根ざした行動は新しい恋である。恋が生まれれば、二人だけで親密になる場所を求める。お互いの自宅、一時お休み処ホテルなどでお互いの寂しさを和らげる。一時お休み処ホテル(ラブホテル)はそんなシニアカップルのニーズを満たす。若い気分を味わう環境を提供し始めている。例えば、ベッドの高さを低くしたり、漆喰の壁や和風テーストを醸し出す部屋を用意したりしている。

結論

シニアの人口が増えるに従い若さを求める老人たちの行動に変化が出てきている。シニアカップルが一時お休み処ホテル(ラブホテル)を利用して余生を楽しんでいる。伴侶を失うと一人寂しい生活になるため、その寂しさを喜びにさせるために新しい恋を見つける。結婚する、しないに縛られない関係で老いて行く自分たちの生活を楽しむためにシニアカップルがラブホテルを楽しむ。

本能に根ざした性的な欲求と孤独を避けるための親密な関係は老後のシニアの問題を癒やしてくれる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。