50歳、60歳代がなぜ副業を始めるのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

会社が不景気になると経費節約、削減、そして、人件費を抑えるアクションを取り始める。真っ先に50歳代の社員が早期退職の対象になる。会社は、経営を維持するために社員を首にせざるを得ない。誰もがそれを求めていないのだが、背に腹はかえられないと言う事情がどうしても生まれる。

どっちみち10年後には定年退職の身にある50歳代の社員は、今から自分でお金を稼ぐ経験を積む必要がある。自分の力で1円でも良いから稼いだ体験があると新しい人生を開拓できる自信になる。

50歳代、60歳代の人はリストラの対象であり他社で雇用されにくい現実がある!

50歳代のあなたは、人ごとのように考えているかもしれないが会社経営者は高給取りで老いて来ている社員を真っ先に切りたいと思っている。時代は、社員を自由に退職させることが出来る仕組みに向かっている。社員は、自己防衛をする必要がある。若ければ、どこかの会社が拾ってくれる可能性が高いが年齢が50歳代のあなたは難しい。

60歳の定年退職を迎える前に副業を始めて現在の給与の半分ぐらいを稼げるように試行錯誤をすべきだろう。ベンチャー企業では、副業を社員に奨励している会社が多くなってきている。大企業でも副業をしても良い会社もある。時代は、副業を奨励する方向に向かっている。

その代り、首を切られても良いようにしてくれと言うことだ。

今までの会社の常識は、社員を家族の一員として取り扱ってきた。そのため、安心して一つの会社で働くことが出来てきた。終身雇用制度が生きていたためだ。一部の会社では、まだ、終身雇用制度を維持している。段々とそんな会社が少なくなってきている。国内だけでなくグローバルでビジネス競争が激しくなってきているからだ。

グローバルな大企業ほど、社員を大切にしない。人件費の安い労働者がいれば、その人たちを雇用する。正社員よりも非正社員、日本人よりも日本語を話せる外国人とか。会社にぶら下がって生きて行く時代は、あと5年以内になくなるだろう。その時、今の50歳代の社員は慌てる。

副業経験があれば、なんとか、新しいことに挑戦できる自信が持てる。自分の力でお金を稼げるという自信。これが一番大切なことだ。会社の名前でお金を稼げても会社を離れたらお金を稼げないのが現実だ。お客さんは、あなたの名前よりも会社の名前で取引をしている。

副業のための勉強を始める時期に来ている。色々な副業がある。騙されないようにうまい話には決して乗らないことだ。他人が企画したビジネスは、あなたをカモにしている。副業は、自分のアイデアで始めるのが一番安全で楽しい。自分のアイデアが現実の世界でどれだけ価値があるかが分かるからだ。価値がなければ、お金を稼げないからだ。

お金儲けの雑誌やウエブサイトの情報は、信用すべきではない。カモを探しているからだ。自分でアクションを取って自分だけの副業を試す。本当にうまい話は人に話さない。話す時は、あなたをカモにする時だけだ。

副業は、時間をかけて自分で試行錯誤することで上手くいく。誰かにお金を支払って始めるビジネス(フランチャイズ)は、副業に向かない。副業は、自分が得意とする分野で探す。その分野で儲けているという人がいれば、その人のやり方を勉強する。他人にビジネスを教えてもらうなんて事は期待してはいけない。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。