あと4年で定年退職! 年金はまだもらえない! 何をしたら良いのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

get started

Walt Disneyがこんな事を言っている。

"The way to get started is to quit talking and begin doing" (何かを始める方法はまず話を止めて行動に移す事だ!)

定年退職は一般的に60歳。多くの企業は、60歳になった社員を退職させてから雇用条件を変えて再雇用をする。同じ仕事をするシニアもいるし、全く別な仕事をするシニアもいる。再雇用で喜ぶ人は少ない。提示される雇用条件を見て戸惑う社員が多い。背に腹は代えられない社員だけが再雇用契約をする。

再雇用契約をしないシニアは、何をするのか?私の知人は、56歳になった時に自分でビジネスを始める準備を始めた。

56歳の知人が定年を迎えるにあたり何かを考えているらしい!

会社で55歳を過ぎれば、人事部より第二の人生を考えるようにと通知が来る場合が多い。法律では、65歳まで会社で働けるようになったが、現実は誰もが平等に働けない。会社にとって必要だと思われる人だけが現在の仕事を引き続きやれるという現実である。そんな人は限られている。

多くの人には、こんな道が残される。

  1. 給与は三分の一に減額される
  2. 仕事は誰もが嫌がるろくでもないような仕事になる
  3. 単身赴任を強制させるような異動を促される
  4. 子会社に出向となるが、子会社には仕事がない
  5. 退職する
  6. 派遣会社に登録されてキャリア育成として別会社に出向される
  7. 1年ごとの契約更新で65歳まで継続して働ける保証がない

こんな感じである。ある程度の自信とやる気がある人は、退職を選ぶ。

あと4年ある彼は、色々な起業セミナーに出かけていって自分でビジネスを起こす勉強をしている。4年もあれば、十分起業の準備が出来る。

問題は、自分が本当にやりたいビジネスを見つける事が出来るかどうかだ!

私は彼にこう助言した。既に会社を後にして独立した友人、同僚、知人に会って起業の現実を学ぶ事が第一歩であると。失敗した人からの話も聞く必要があるし、何とか生活が出来ている人の話も重要である。最初から成功する人は本当に少ない。成功者の話は、色々な書籍やセミナーで取り上げられるが失敗者の体験や話は表に出ない。

だからこそ、事前に「ビジネスを失敗させる方法」を学ぶべきではないか。

定年退職を予定している人全員が起業すべきだというわけではない。適している人とそうで無い人が必ずいるが、現実は私たちに選択というオプションを提供してくれないかもしれない。そんな場合は、自分が起業に適していないと思っても起業せざるを得ない。

何事もやってみなければ分からない。だから、あなたはやってみる価値がある。別の選択があれば、その選択をすれば良い。無い人は、何かをやるしかないのだ。

起業家になるための勉強は、ある程度は必要だ。ビジネスは勉強だけで成り立たない。一通りの勉強を終えてから実際に実験ビジネスを体験する必要がある。4年間の内、2年間ぐらいは試行錯誤の実験ビジネスを体験できる。特にインターネットではそれが可能である。

起業のタイミングは、予定したタイミングに訪れない。今だと思ったら、そのときに決断して行動を起こすしかチャンスはない。そのためにも助走期間は長い方が良い。

個人事業主で始めるのか、最初から法人を設立して始めるかで対応が違うだろう。いずれの形態を取るにしても最初にやるべき事は、独立する前にお客を捕まえておく事である。ある程度の売り上げが生まれている状況を作ってから起業すべきだ。

これは、私の経験から言っている。51歳で独立した。独立時には、月額10万円以上の収益があるビジネスをやっていた。独立後は、別のインターネットサービスを始めたためしばらくは新しいサービスからは売り上げがない。

でも、既に売り上げがあるサービスで何とかビジネスを継続できた。ビジネスが立ち上がるまで時間がかかる。最低1年間は必要だ。その1年間の内に生活が出来るような売り上げを計上できる仕組みを作り上げる必要がある。

やりたい事がやれる機会は、今しかない。他界する時に後悔しないように与えられたチャンスをつかむ!定年退職はそんなチャンスを与えてくれる。

会社から退職を強要されてもそれをチャンスと思うべきかもしれない。何か意味があるはずだ。神は意味がない事を私たちに与えない。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。