お金で釣る人材募集:警備、交通誘導のアルバイトは誰もが嫌がるきつい仕事 - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

毎朝利用する相鉄線の駅がエレベーター修理で階段を使わざるを得ない。交通誘導のため警備員が上と下で2名ほど始発から終電まで働いている。中年の女性から70歳代の老人まで色々な年齢の警備員がその仕事をやっている。私から見てもずっと立って乗客を誘導する仕事は体力的にきついと思う。やる仕事は、監視と誘導だけなので女性でも老人でもできる。

ただ、

ずっと立ち続ける体力が必要だ。辛い場面を私は見ていないし、体験もしていないので表面でしか判断ができないが、こんな警備、交通誘導のアルバイト募集を見つけた。

froma(引用先:フロムエー

警備業界と建設業界は人材不足になっている。どちらの業界も仕事自体はきつい。若い人たちが気楽に応募しないアルバイトだろう。このアルバイト募集だけを見れば、すごくおいしい仕事のように見える。お金で釣る仕事には、それなりの裏事情がある。

お金に困っている健康で元気なシニアならば・・・?

不景気な時代ではないので色々な仕事が若い人たちにはある。70歳を過ぎたシニアはというと、あまり仕事で選択できる余地が無いのが現実だ。お金のために働きたいと思っている70歳以降の元気なシニアならば、警備業界の交通誘導のアルバイトに応募してみても良いのではないか。研修期間が10日間ある。

研修が無事終わると祝い金が出る。研修の途中で辞めてしまう人も多いのだろう。安易な気持ちで申し込めない理由がここにあるのかもしれない。実態は、経験していないのでわからないが、普通のアルバイトでは研修後の祝い金などない!普通あり得ない祝い金が出るということは、裏を返せばキツイということだ。

きつい仕事だから支払われる賃金もよい。これは当たり前だ。

短期的にお金を貯めたい人ならば、チャンスかもしれない。70歳以降のシニアがやるべき仕事ではないが、背に腹は代えられないような困窮状態ならば応募して見る価値はある。シニア向けの仕事が用意されているかもしれない。今の日本は、少子化で若い労働力が減少している。どうしても、主婦や老人に目が行く。

でも、

決して楽な仕事ではないだろう。楽でない仕事はお金で労働者を釣るしかない。

今、60歳代のシニアならば、体力勝負の仕事をキャリアにすべきではない。老化による体力減退は激しい。体力が落ちて病気になりやすい。無理をすると怪我をする。怪我をするとますますお金がかかる。60歳代のシニアが始める仕事は、自分が80歳になっても仕事が継続できるようなことを考えるべきだ。

つまり、

頭を使った仕事だ。知識、経験、スキル、資格、特殊な分野などで自分の専門性をアピールするしかない。短期的にお金を作るためならば、警備のアルバイトも良いだろうが、長期な仕事にしないことだ。

確かに70歳代の老人が交通誘導の仕事をやっている。それが出来る人は、元気な老人なのだろう。または、お金が本当に必要な老人なのだろう。この世の中は、お金の価値と健康の価値が逆転する時がある。老人は、一度健康を害すると回復するのに時間とお金がかかる。若者と違って寝て休んでいれば回復するという訳にはいかない。

甘いお金という誘惑できつい仕事に挑戦するのも良いが程々が良いだろう。 

この記事「お金で釣る人材募集:警備、交通誘導のアルバイトは誰もが嫌がるきつい仕事」のポイントは、

  • 警備のアルバイトは金銭的な待遇が良いがお金で釣る仕事には、それなりの裏事情がある
  • 10日間の研修後に祝い金が出る警備のアルバイト。普通のアルバイトでは研修後の祝い金などない。
  • シニアが甘いお金という誘惑できつい仕事に挑戦するのも良いが程々が良いだろう。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。