なぜ、悩んだ時に上を向いて歩くと良いのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

自分の人生の先が見えないと思っているシニアが多いのでは。定年退職前の自分ならば、会社組織内での生き方が想像できていた。フリーになったら、自分が何をしたら良いか羅針盤が狂い始める。自分の人生の先が濃霧で見えない時、不安が悩みを作り出す。

何かに悩んで道を歩いていると何故か下を向いて歩いている自分に気が付く。前から知人が歩いてくるのも気が付かない。下を向いて歩くと目先が地面しか見ていない。本来ならば、青い空を見ながら新鮮な空気を吸い込んで心地良い気分を味わえるはずだ。

上を向いて歩くメリットは何か?

歩くとき、ずっと上を向いて歩くと言っているのではない。下を見て歩く時間を短くするだけだ。上を向いて歩く時間が増えると視野が広がる。天気ならば、青い空を見る事で気分を良くさせる。青い空を見ていると心が落ち着く。嫌な事、悩み事を一瞬忘れさせる。遠い青く広がった空の向こうに希望の光を感じ取れる。

精神的に不安定な時、私たちは皆下を向いて暗くなる。背中を丸くして閉じこもるような姿勢になる。上を向いて歩くと自然に背筋を伸ばして歩ける。背筋を伸ばして歩くと自律神経の交換神経を活発にさせる。背筋を伸ばしながら深呼吸をすると心が落ち着き始める。

上を向いて歩くというちょっとした動作を意識するだけで不安や悩み事から心を切り替えられるようになる。青い空を見ながら歩く事で気分転換が直ぐに出来る。同じことを考え続けると脳が疲れる。疲れが、さらに気分を悪くさせる。

上を向いて歩くと自然と空を見渡すことになる。空には、視界を塞ぐものがない。自然と向き合いながら、会話が出来る。悩んでいる時は、絶えず、自分の心の中で自分と会話をしている。ちょっと、顔を上げて空を見ながら歩くと自然と会話する相手が変わる。青い空は、心に新鮮な空気を吹き込む

上を向いて歩く習慣は、歩く時の姿勢を良くする。背筋を伸ばしながら歩く事で背中が丸くなる姿勢を予防する。見た目も良い。下を向いて暗い顔をしながら歩いている自分の姿を想像してほしい。

そんな姿を隣人が見れば、何か不幸な出来事があなたに降りかかっているのではないかと心配する。余計な心配を周りに振り撒かないようにするには、上を向いて歩く事だ。

上を向いて歩く事は、今でもすぐに出来る。歩くときに出来るだけ頭の上の青い空を意識してチラリと見上げる動作を増やすだけだ。最初は、チラリを見上げて歩く動作から始める。上を見上げて歩ける動作に慣れ始めたら、意識して青い空を見ながら深呼吸を2,3度する。気分が良くなれば、もう一度青い空を見ながら、心に浮かんだことを考えてみる。

空を見ながら何も考えないというオプションもある。ぼ~っと空を眺めながら気分が落ち着いて行くことを味わう。それを求めても良い。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。