どんなビジネスでシニアは起業すべきか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

internetbiz.jpg

65歳過ぎのシニアは生活困窮者にならないためにも時間を味方にした独自ビジネスを今から考えて実行した方が良いだろう。初期投資もあまり発生せずに自分のビジネスを行うには、インターネットを活用したビジネスが一番良い。

気軽に参入できるインターネットビジネスだが、それだけ競争が激しいのも事実である。

でも、シニアの強みを最大限に活用すれば時間を味方に出来る。シニアの強みとは何であろうか。

起業する上でのシニアの強みは年金収入と自由になる時間である!

65歳以上のシニアは、年金受給者である。ある程度の年金で最低限の生活が出来る。

ただ、

人間は、最低限の生活では満足しない。ある程度の余裕を持った生活をしたい。どうしても、仕事をしてお金を稼ぐ必要が出てくる。

シニアの弱点は、若者と同じようには体がうまく動かない。体力も落ちている。体の一部の機能も壊れ始めている。そのため、特別な才能やスキルがないシニアは仕事が見つからない場合が多い。

シニアの強みは、年金収入と自由になる時間である。不労所得の年金で時間を自分のビジネスの味方にできる。

インターネットビジネスは、新しいことを学ぶ強い意志があればシニアでも始められる。

シニアが始められるインターネットビジネスは2つある。

1.自分が特定のテーマで書き続けるブログで広告収入を得る(Google Adsenseクリック広告)

2.オンラインショップで製品を販売する(無料で始められるBASEサービス

どちらの選択も試行錯誤で地道に学んでいく必要がある。シニアには時間がある。自由に使える時間がある。この時間を味方につけてやりながらインターネットビジネスのコツを学んでいけば良い。

お金をすぐに稼ぎたいという欲求は誰にでもある。 それが簡単にできれば苦労はしない。簡単にできるというインターネットビジネスのお誘いは、詐欺であると思って良い。世の中は、甘くない。いつも、欺されるのは、欲を出す人だ。甘い言葉に乗ってしまう人だ。

簡単には上手く行かないビジネスほど安心なビジネスはない。時間さえかければ、確実なビジネスに成長する。シニアには時間がある。時間をかけながら、OJTでインターネットビジネスを学んで行くことが近道になる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。