65歳過ぎの仕事は何が良いか、年金プラス月額10万円を目指す? - 仕事、健康、筋トレ、暇

定年退職後の仕事と収入は65歳になってから週3日と月額10万円の収入になるシニアが多い。一般的に年金+月10万円あればお金で窮屈な生活を送ることはない。サラリーマン定年退職者の場合だが。国民年金だけのシニアは月額20万円ぐらいは稼ぐ必要があるだろう。

厚生年金+基礎年金+月額10万円のアルバイト労働で65歳から75歳まで生きて行けるならば、多少の貯蓄が可能になる。老後の介護費用に貯蓄が当てられるはず。

私は75歳以上になっても稼げる仕事をインターネットで試行錯誤しながらやっている。何歳になっても自分でお金を稼げる能力があれば老後の不安はなくなる。定年退職後にどのような仕事をすれば自分の人生を楽にさせるかを試行錯誤しながら探すのが、65歳以降の仕事になる。

お勧めはインターネットビジネス

インターネットビジネスは65歳過ぎのシニアでもやれる。参入障壁はかなり低い。問題は知識と経験である。インターネットビジネスを成功させるにはインターネットでお金を稼ぐビジネスモデルについて知識が求められる。誰もがやっているビジネスをインターネットでやっても100%成功しない。

時間をかけて試行錯誤、失敗しながら自分の経験値を増やす事が重要

インターネットビジネスは誰もがやっていないユニークなビジネスを自分のアプローチで実行する所に成功の秘密がある。インターネットで試行錯誤する経験は自分にしか残らない。一攫千金のようなことはない。時間がかかり、多くの失敗を経験する。それがインターネットビジネスをする上で肥になる。インターネットビジネスで成功した人はみな同じ苦労をしている。避けて通れない道である。

インターネットは真っ暗な世界。真っ暗な世界に埋もれている見えない宝を掘り当てる世界である。見えない宝を見つけるにはインターネットビジネスを始めるための基本知識と実体験が必須になる。失敗を沢山経験しながら上手く行く方法を自分で見つけて行く。

他人が成功したやり方を大金を出して教えてもらっても無駄である。同じ成功は起きない。自分で成功する方法を見つけ出すしかない。これが分からない人は一攫千金のインターネットビジネスノウハウ情報に騙される。情報商材、セミナー、コンサルティングサービスなどあたかも直ぐに大儲けできるような話で騙される

騙される人は殆どがインターネットビジネスの知識と経験がない素人さんたち。欲に目が眩んで先を急ぐと落とし穴にハマる。これからインターネットビジネスを始めるシニアは他人に頼らないで独学で学ぶ姿勢が成功への道である。それを忘れないこと。

成功した人は絶対にその秘密を他言しない。儲かるやり方を他人に教えたら競争が激しくなって自分の首を絞めてしまう。現実はその秘密を話しても出来ない人が多いのであまり心配しないが先手必勝がインターネットビジネスの基本だからだ。

年金プラスその他2つの収益を生み出す仕事

65歳から年金がフルにもらえる私の生活は3つの収益モデルで成り立っている。

  1. CMSサイト構築と保守の収益(自営業)
  2. B2Cビジネスからの広告収益
  3. 年金

一番やりたいことは自分の製品を作ってネット販売したい。ネット販売する製品は自分が作れる物なのだがユニークで私しか作れないものでないと希少価値がない。どこでも販売できる製品はネット販売に適さないからだ。

ネット販売ビジネスが出来上がれば、月額10万円の収益は難しくない。ネット販売で売り上げる製品は、1)物品、2)情報、3)サービスでも良い。自分が一番得意としている物でネット販売をする。

肉体労働のパートやアルバイトの仕事には限界がある

多くの65歳シニアはパートやアルバイトで汗水を垂らしながら働く場合がほとんどである。体力を要求する労働による収益には体力と年齢の限界がある。健康を害したら、終わり。私はそれが嫌で知的生産でお金を稼ぐインターネットビジネスに集中している。

B2Cビジネスの広告収益は一度構築したホームページが特定の客層を沢山集める事ができればお金が毎月空から降ってくる仕組みが出来上がる。集客サイトが出来上がると毎月安定した広告収益が継続できるという利点がある。

誰もができるという物ではないが、特定の客層が求める情報や知識がある人は非常に可能性がある。あとはインターネットビジネスの経験を積んで失敗から学ぶことである。失敗なしにインターネットビジネスは成功しない。

肉体労働の仕事は分野によって年齢制限が緩い場合がある。とにかく人手が欲しいという物流、介護、飲食業界はシニア労働者を積極的に雇用している。身近な例としてファストフード店舗(マクドナルド、モスバーガー)、近所のスーパーマーケット、物流倉庫での商品のピッキング作業など探せばすぐに見つかる。

人手が欲しい仕事は肉体労働が多い。健康で体力があるシニアに限定される。70歳を過ぎてそのようなパートやアルバイトができるシニアには可能性がある。

昼間をファストフード店でアルバイト、夜をインターネットビジネスの開拓

65歳を過ぎて仕事を探しているシニアは昼間と夜の時間をうまく使える。70歳までの5年間を使ってインターネットビジネスの基礎を独学し試行錯誤する。昼間は肉体労働のパートやアルバイトで日銭を稼ぐ。70歳を過ぎたら、肉体労働を少なくしてインターネットビジネスに集中する。

体力は年齢とともに落ちていくからインターネットビジネスに仕事をシフトできればソフトランディングができる。仮に非正規労働者になれても、夜の時間と週末の時間を使ってインターネットビジネスを独学すれば解雇された時にやるべきことがある。

65歳過ぎの仕事は70歳以降の人生をどのように過ごすかを考えて決めると良い。

結論

65歳以降のシニアは、週3日、月額10万円以上を稼げる体を使ったアルバイトの仕事か、頭と経験を使った知的生産のネットビジネスのどちらかを選択することになる。年齢制限や体力の低下で肉体労働のパートやアルバイトができなくなったら、インターネットビジネスにシフトする。その準備を65歳から70歳になるまでにすることである。

 




私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方はお問い合わせ下さい

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。