革靴か、スポーツシューズかでシニアはどう判断されるのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

朝、午前9時前に横浜駅地下街を歩いてスターバックスに行く。地下街では、出勤する人たちが足速に歩いている。その中にシニアの男性たちもいるが、仕事に行くという印象はない。60歳以降も継続して仕事をしているシニア男性であれば、スーツ姿に革靴だ

年金生活を始めたシニアたちは、窮屈な革靴を履くことをやめる。会社の束縛を逃れるために足元から始めるのである。革靴は決して歩きやすい靴ではない。歩くにはスポーツシューズが良い。軽いし、クッションがあり膝に負担がない。

朝から自宅を出て街中をぶらついているシニアはスポーツシューズを履いている。

「毎日が日曜日」のシニア男性の足元はどうなっている?

「毎日が日曜日」のシニア男性の足元は、スポーツシューズだ。外出先で歩くのに都合が良い。軽くて歩く衝撃を吸収してくれる。スポーツシューズは、歩くシニアにとって必須の道具だ。気楽に履ける。会社に務める会社員と違って外見を気にする必要が無い。

足に支障がある高齢者ならば、スポーツシューズは確かに必須である。普通の生活ができているシニアならば、履く靴で色々な選択がある。靴は、服装に合わせて履くというルールがある。靴を履くTPOだ。カジュアルで歩く事を楽しむならば、スポーツシューズだ。ジャケットとスラックスを着て友だちと会うならば、カジュアルな革靴だろう。

何らかの自営業をされているシニアならば、いつも、革靴になるだろう。客先での打ち合わせや売り込みでは、足元から頭の天辺まで見られて評価される。服装にミスマッチの靴は、ファッション性だけでなく人物の評価も一緒に下げられる。

「毎日が日曜日」のシニア男性のファッションは、既にステレオタイプイメージが出来上がっている。柔らかな帽子、スポーツシューズ、コットンパンツ、カジュアルなジャンパーだ。それに、リュックサックが追加される。

スポーツシューズが似合うのは、ジーンズではないかなあとシニアながら感じている。スラックスやコットンパンツは、革靴がいい。革靴にもウオーキング用途のものが沢山ある。ビジネス用途とカジュアル用途、そして、ウオーキング用途の革靴を持っていると足元のTPOで困ることがない。

シニア男性が街中を歩いているといつも足元に目が行く。次に、頭だ。帽子をかぶっているか、いないかだ。髪の毛がない、少ないシニア男性は帽子でファッション性を身につける。髪の毛がまだ残っているシニアは、清潔さを引き立てるヘアースタイルだろう。

気分に合わせたファッションを楽しむシニア男性が増えると高齢者が増える街が若く見えてくるようになる。男性だけでなく、女性も地味な色ではなく原色に近い目立つ色の服装が良い。地味な色の服装はますます老けた印象を周りに与えてしまう。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。