65歳以降に働くならばすかいらーくが良いのでは? - 仕事、健康、筋トレ、暇

生活を少しでも良くしたいシニアならば、外食産業の人手不足を狙った職探しをしてみてはどうだろうか。時間給で1000円以上はもらえる。シニアでも十分働ける職場である。

すかいらーく、65歳に定年延長 パート含む8万人対象

ファミリーレストラン最大手のすかいらーくは10月から、全従業員の実質的な定年を現在の60歳から65歳に引き上げる方針を固めた。正社員や契約社員のほか、パート・アルバイトを含めた8万人超が対象。60歳以降も継続して働きたい人には給与などの待遇を維持する。外食産業全体で人手不足が深刻になるなか、接客や調理などのノウハウを持つシニア層を囲い込み、今後の出店拡大につなげる。(引用先:http://www.nikkei.com/article/DGXLZO90639060X10C15A8TI5000/

すかいらーくは時々利用する。確かに、年配の方(女性が多い)が接客対応をしている。サービス対応も若い人と何も変らない。年配の人にとって良い職場ではないだろうか。実際に私が働いた経験が無いので実態は分からないが、シニアを雇用してくれる会社が少ないなか良い選択では無いかと思う。

ただ、

接客対応であるので機敏な動きとお客への気遣いが求められる。子供を含めた家族が多いので子供に対する忍耐力が求められるだろう。シニアになると忍耐力が衰える。これは、今、私でも自覚できる。なぜ、年配になると忍耐強くならないのだろうか。個人差もあるだろうが、一般的に体力が落ちて自分の自由が効かなくなり精神的な余裕が少なくなるからなのだろうか。

接客業で経験があれば、すかいらーくのドアを叩いてみるべきだ。経験が無くても興味があれば、一度、挑戦してみても良いだろう。60歳から70歳までパートやアルバイトが出来る。この需要が続いている間に職を獲得する。

すかいらーくの動向に影響されて他社のファミレスチェーン店もシニアの人材活用を活発化させるかもしれない。雇用される機会があるうちにチャンスをつかむことが重要だ。

週5日間、5時間で日給5000円以上得られる。1ヶ月で10万円はかたい。年金とパート収益で多少余裕が生活に生まれるはずだ。働けるうちに働く。これがこれからのシニアのライフスタイルになる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。