起業で成功を高める自問自答? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

act missionビジネスを始める上で参考になるミッションステートメントがある。英語であるが内容的に非常に分かりやすく説明してある。

"Mission statement help clarify what business you are in, your goals and your objectives," says Rhonda Abrams, author of The Successful Business Plan: Secrets and Strategies.

どの様なビジネスを始めるか、どの様なゴールと目的であるかなどが最初から明確になっていないとビジネスの軸が出来ない。自分に見えたビジネスチャンスをお金に変えるには、色々な角度から自分のビジネスを考える必要がある。

起業で成功するためには自分のビジネスについて自問自答する必要がある!

 

次の質問に答えていく事で自分のビジネスを立ち上げやすくなる指針が生まれてくる。

質問(1)なぜ、このビジネスを始めるのか?
質問(2)ビジネスを始める動機とその情熱を燃やし続ける物は何か?
質問(3)あなたのお客さんは誰なのか?
質問(4)お客さんにどのような恩恵を与える事が出来るのか?
質問(5)お客さんに伝えたいビジネスイメージは何か?
質問(6)どのようにして伝えたいビジネスイメージを作り上げるのか?
質問(7)あなたのサービスと製品の本質は何か?
質問(8)価格と品質を決める要素は何か?
質問(9)時間の経過で価格と品質はどのように変化していくのか?
質問(10)あなたのサービスが賞賛される理由は何か?
質問(11)あなたのサービスや製品を維持するためのパートナーシップはどのように作るのか?
質問(12)競争相手との差別化要素は何か?
質問(13)競争相手の弱点を自分のメリットにするにはどうするのか?
質問(14)技術、資本、作業工程、製品、サービスを如何にうまく使うのか?

14の自問自答であるが、全てに答えていくうちに答えられない質問に出くわすはずだ。それが自分の今の弱点である。弱点をなくすことを考える、調べることだ。

答えられない質問が生まれてくるが、大体のビジネス立ち上げのイメージがこの自問自答から見えてくれば良い。後は、自分がイメージしたビジネスをテストマーケティングしているうちに答えることが出来る。失敗の中に回答がある場合が多い。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。