シニアの生きがいはどんなところにあるのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

work-style

時間を余して仕事を探しているシニアであるならば、こんな感情で仕事を探しているかもしれない。

1.組織のルールで時間に拘束されたくない

2.お金ではなく自分のキャリアが生きる仕事をしたい

3.社会に貢献したい

この3つの要素を満たせる仕事があれば、お金にこだわらないでその仕事を求めるだろう。

シニアの生きがいは自分の能力や知識が求められるところにある

上記の条件は、年金だけで生活が成り立っている裕福なシニアが対象になるだろう。これからのシニアは、年金だけでは生活ができなくなるのである程度の給与が必要になる。だが、お金だけの価値観では動かない。

年金を補完できる程度の給与が提供できれば、お金の面ではあまり問題視しないだろう。むしろ、やりがいである。自分が持っている知識や経験がそのまま生きる仕事があれば、情熱を持って対処するだろう

その仕事が、社会貢献につながる物であればあるほどシニアは情で仕事をする。若者よりも熱心に仕事をするだろう。

私が所属するNPOのシニアは、支援したい会社が見つかるととことんサポートしている人たちが多い。そして、目が輝いている。

一般的に毎日が日曜日で時間を無駄にしているシニアが多い。どうせやるならば、お金を産む仕事をやりたいと心の中で思っている。でも、見つからないのが現実である。

人生の終盤になるシニアは、他人にぶら下がって仕事をするのではなく自分の人生経験とスキルを上手く活用する仕事を創出すべきではないか。生きているうちに一度はそんな挑戦をしてみても損はしない。挑戦してみると今まで知らなかった世界が広がっているのに気がつくはずだ。

シニアが求めるワークスタイルは、若い頃会社員として働いたワークスタイルではない。自分の人生を生かしたワークスタイルだ。それは、他人から与えられない。自分で作っていくことで与えられる。今は、それが可能になっている。やるか、やらないかだ。

色々な事情を抱えているシニアだから、全員が同じ事を求められない。できる人、やってみたい人が挑戦すべきだろう。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。