仕事が遊びになる?シニアが探す仕事は楽しめる仕事でないと続かない! - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

好奇心の目で自分が楽しめる遊びを探すとそれが楽しめる仕事になる。シニアになると遊びも仕事もあまり区別がつかなくなる。仕事が楽しめればそれが遊びになるからだ。定年退職後は、自分の人生を見直す機会を得る。働き方と仕事への見方を考え直す良い機会になる。

好きな仕事は遊びになり、生きがいになる。それが自分で作った仕事であればなおさらである。シニアが探す仕事は楽しめる仕事でないと続かない!同じ会社で再雇用されても、その仕事が楽しめる仕事でなければつまらない。今までと同じ状態、または、前よりも悪い雇用が65歳まで続くだけだ。

老後の仕事は、楽しめる仕事を見つけるか、自分で残りの人生を楽しめる仕事を作るしかない。楽しくない仕事は続かない。

仕事を遊びにして、生きがいを追い求めるシニア

私は1992年から1996年まで米国カリフォルニア州サンノゼ市にいた。自動車を運転していつも通る道(El Camino)にCafeが沢山ある。Cafeに立ち寄ってテラス席に座ってコーヒーを飲むのが好きだった。そんな自分の姿を今も求めている。

私が、なぜ、スターバックスを仕事場にしてインターネットビジネスをしているか?その理由がそこにある。スタバの雰囲気がサンノゼのカフェに似ているからだ。 

Cafeでゆっくりコーヒーを飲み、仕事が出来るとなぜか精神的に満たされる。Cafeの雰囲気を楽しみながら仕事ができるのが良い。コーヒーを飲みながら雰囲気を楽しむことが遊びであり、ついでにCafeにいる時間を有効に使うためにインターネットビジネスをする。そんな感覚がある。

今まで会社組織の中で仕事をしてきた。周りの同僚や上司を気にしながら仕事をするのが嫌だった。組織から離れて一人で仕事をしていると嫌なストレスがなくなる。

Cafeで私のように仕事をしているノマドワーカーが増えてきた。若者だけでなく私のようなシニアもたくさんいる。多くは、インターネット関連の仕事をしている。彼らがCafeにいる時間は長い。スタバは長居OKのCafeだから堂々と仕事で使える。

私の遊びは、Cafeでコーヒーを飲みながら仕事を楽しむことだ。

何を自分の遊びにするかは、自分が何を求めているかで決まる。その欲求を追い続けるとなぜかそこに仕事が見えてくる。何事も追い求めないと見えない物が見えてこない!仕事を求めている高齢者は、仕事を探す目で探すのではなく、その仕事で残りの人生を遊べるかで探すべきではないか。

年取って仕事をするならば、出来るだけ楽しみながら仕事をしたいだろう。目的がある仕事、遊べる要素がある仕事であると良い。生きがいは追い求めないと生まれて来ない。追い求め続けるには遊べる要素がないと追い求められない。

自分の趣味で仕事が作れれば其れが一番良い。趣味を楽しみながら、それをビジネスにする方法を追い求めて欲しい。直ぐに諦めないで試行錯誤で挑戦して欲しい。きっと何かの発見がその過程で見つかる。そこから新しいヒントが生まれる。

但し、

趣味を趣味のままにして「生きがい」にするのは出来ないだろう。心の張りが趣味にはない。

私はCafeでコーヒーを飲みながらインターネットで新しいビジネスの種を探している。誰もやっていないことを見つけてそれをビジネスにする。それが遊びであり、仕事になる。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。