65歳になるシニアは70歳以降のお金の稼ぎ方と健康維持をどうするか? - シニアの仕事、健康、筋トレ、暇

今年65歳になるシニアは何を考えているのだろうか。私はこんな経験をした。年金事務所に正確な年金受給額を知るために相談予約を入れるのだが、電話がつながらない。多くのシニアが自分の年金額や問題を相談するために電話予約を入れている。

今は自営で働いているがいつかは働けなくなる。そんな時に頂ける年金額でどれだけ生活費をカバーできるか今から知っておきたい。65歳という年齢はまだ若い。パートもアルバイトも70歳まで十分出来る健康と体力を有している。

年金収入たけでどれだけ生活が出来るかが分かれば、今何が出来るかが考えられる。私と同じようなことを考えているシニアが大勢いるはずだ。65歳で出来る事と70歳以降に出来ることに違いがあるのを知っているだろうか。

スーパーマーケットでレジのアルバイトをしているシニア女性が嘆いていた。70歳になったら、今の仕事を失う。スーパーマーケットの仕事は70歳が上限だという。まだ働ける体力と健康があるのに続けることができないのが悔しい。

70歳を過ぎると体に色々な支障が生まれてくる。全て老化が起因する。免疫力が落ちて病気になりやすくなる。筋肉が失われて体力が落ち、歩行障害を味わう。65歳の時と同じ労働ができなくなる。老いとともに年々身体はガタが来る。

何も対策を取っていなければ、自分の体は老化の波に飲み込まれ普通の生活が難しくなる。70歳を過ぎる前に体力の低下を防ぐ運動と食習慣を身に付ける必要がある。食べる量が減ると知らないうちに栄養バランスが悪くなり、低栄養状態になる。体力と健康はどんどん悪くなる。

65歳になったら、老後のためのお金と健康を真剣に考える時になる。

65歳からの生活、自分たち夫婦を食べさせるには?

退職金は時間と共に生活費に消費されていく。人生は、まだ、20年以上もある(平均寿命80歳男性)。退職金だけでは心細い。国民年金は月額6万円前後。誰が考えても食べていけない。年齢と共に体に不具合が出てきて医療費負担も増えてくるかもしれない。お金は出て行くばかりだ。

もらえる年金は人によってだいぶ違う。厚生年金がある元会社員ならば、足りない年金収入をアルバイトやパートの仕事で苦労なく補える。一般的に月額22万円が平均だという。30万円以上の月額収入があれば、シニア夫婦の生活に余裕が生まれる。私は月額30万円以上の収入を確保するために何をすれば良いかを考えている。

65歳から20年間、85歳になるまで働き続ける

あと20年間働き続けられる仕組み作りに時間を投資したい。パートやアルバイトの仕事をするにしても70歳を越えてからは問題が多い。体力は確実に落ちていく。パートやアルバイト先の仕事環境も変わる。自分でお金を稼ぐ仕組みを自分なりに作り出さないと食べていけない。

自分が出来る事は何なんだろうか?

今展開している仕事が20年先もあるとは思えない。人工知能を持ったロボットが今の仕事を代行してしまうのは確実である。その時点で仕事を失い、お金を稼げなくなる。そんな未来が予想される今、人間として想像力を生かした新しい仕事を作り出さねばと思う。

この思いは私たちシニアだけでなく、私たちの子供たちの方が深刻に受け止めている。機械が代行できる仕事から離れて、人間でしか出来ない仕事にシフトするしか逃げ道はない。65歳のシニアは人間でしか出来ない仕事を捜す、又は、自分で作り出す努力をするしかない。

一つだけ確実に生まれる仕事

それは人間の仕事を奪うロボットを修理する仕事である。ロボットが社会で進出し初めの頃はロボットの故障が多い。ロボットの数も多くなる。高額なロボットを購入した経営者は修理が出来る人間を捜す。そこにロボット修理や保守の仕事が生まれる。ロボットが高度化してくればロボットがロボットを直し始める。そうなったら、別の仕事を私たちは探す、又は、作り出すしかない。

多分、ロボットによる生産やサービスが増えれば増えるほど「物から心」のニーズが増えてくる。より人間的なサービスを私達は求める。ロボットのウエイトレスよりも生身の人間のウエイトレスが良い。コールセンターの電話の受け答えで分かるように人間につながるまで時間がかかる。最初から人間と話したいのにそれが出来ない。

私達人間はロボットや機械よりも人間と話をしたい。人間のほうが臨機応変に対応ができるからだ。機械やロボットは事前に決められたことから遺脱することは出来ない。生身の人間だけが提供できる仕事の芽を今から探し準備することである。

ヒントはSF小説の中にある

新しい職を作り出すには、サイエンスフィクション(SF)の小説が参考になる。未来の生活が想像されて描かれているからだ。その中に登場する職業を今から準備する。準備してもすぐには稼ぐことは出来ない。タイミングがいつも問題になる。 

ロボットや機械には感情がない。人間がロボットやAIの世界で活躍できるのは人間の感情に関連する仕事分野になるのではないかと私は思っている。例えば、ロボットに禅や茶作法などが教えられるだろうか。人間の口に合う新しい料理を作れるだろうか。失恋の痛みや苦しさを共有できるだろうか。

新しいビジネスの種を見つけて起業がロボットやAIに出来るだろうか。これからの20年のうちにどんな社会になっていくかを予想してお金の稼ぎ方と健康の維持方法を考える時である。

結論

世の中の流れを読み、その流れの先で自分が出来る事を捜す。年齢に関係なく先にそれを見つけて準備すれば、それで食べていける。20年後まで生きていると仮定して20年先の社会を想像する。その想像した世界から現代まで後戻りしながら何をしたら稼げるかを考える。

今ある仕事をやりながら、5年先、10年先に求められる仕事に自分を合わせていく。大きな時代の流れから生まれるニーズは既に顕在化している。そのニーズは、老齢化社会で何が求められるかを探れば見えてくる。シニアの私たちならば、ニーズが自分の足元に転がっている。

若者と同じ思考では、若者には勝てない。若者では分からないシニア独自のニーズを満たすサービスを発見してそれでお金を稼ぐしかない。それが何であるかは、自分たちで試行錯誤をしながら見つけるしかない。

 


私のブログサイトはリンクフリーです

 

  • このブログサイトは、私の許可なくリンクを張って頂いても問題はありません
  • 相互リンクをご希望の方は  まで。

 

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。