妻たちは夫の定年退職後をどう見ているのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

私が住む大規模集合住宅にはまだ定年を迎えていない隣人が多い。あと数年で60歳になり、定年するか、再雇用されて1年更新の仕事をするか、または、起業をするかを選択するときがやってくる。60歳で定年退職をする人と65歳で定年退職をする人がいる。多くの隣人は、60歳で定年退職をするが再雇用制度を使って65歳まで働ける人が多い。

夫である私達と違って妻たちは、独自の井戸端会議ネットワークを持っている。親しい隣人の奥さんたちが隣人の家に数人集まって井戸端会議をする。皆さん年齢的に子育てを終わっている奥さん方だ。井戸端会議のテーマは、多岐にわたるが今はご主人たちの身の振り方について情報交換をしているらしい。

身の振り方は人様々だ!

私は既に起業しているので奥さん方は家内に起業の実態について聞いてくる。家内に聞いても答えらしい答えは出てこないのだが。起業したのは私だから私に聞かないと分からないはず。家内が答えられることは、私が起業した最初の年のことぐらいだろう。本当に食べていけるのかどうか全然分からない時のことだ。私よりも家内のほうが不安を感じていたらしい。

幸運にも神様のお陰で初年度から黒字になった。非常に稀なことだが、色々な方の見えない支援があったからだろう。

初年度が黒字になったのを家内が知って次年度から私のビジネスについてあまり不安を感じなくなったようだ。家内が隣人の妻たちに話せることは、起業初年度の妻の不安ぐらいだろう。

他のご主人は、奥さんの父親の不動産ビジネスを継ぐことになっていると言う。別のご主人は、65歳まで現在の会社で再雇用の道を歩むらしい。私と同じ起業を目指すご主人もいる。定年退職まであと2年ほどある方なので今から色々と準備をしているのではないかと思う。すべて井戸端会議で話された情報を家内が私に教えてくれる。

定年退職は、会社員すべてがどこかのタイミングで迎える「大人の成人式」みたいなものだ。住み慣れた会社を離れて一人で世の中を渡っていく門出になる。今までのビジネスや人生経験を肥えにして新しい自分の人生を作って行く。隣人たちは、年金を受給するまでまだ時間がある。気力も体力も私よりはある人達だ。自分が本当にやりたいと思っている事で新しい人生を形作っていってもらいたい。

家庭を守る専業主婦である妻たちは、夫が自宅でいることを拒んでいる。定年退職後は、今まで通り朝の通勤時間帯に自宅を出て何処かに行ってほしいようだ。定年退職する前からそんな要求がご主人たちに伝えられている。ご主人の都合も聞かないで身勝手なものだ。

定年退職後のご主人たちは、65歳まで今までと同じ通勤生活をしなければならない。通勤先がある旦那は良いが、私のように通勤する会社がなく、カフェを自分の会社として使うしか無い旦那も生まれる。ノマドワーカーは、そんな形態が多い。65歳以降の人生を考えて60歳定年退職後に起業を選択するシニアが増えている。

起業で生活を維持して行くには、時間がかかる。多くの失敗と試行錯誤で苦労する。諦めなければ、ちょっとしたタイミングで生活ができるぐらいの商売ができるようになる。失敗して成功するヒントを掴むからだ。65歳まで再雇用で会社に残る人は、65歳以降の人生をまた考えなければならない。起業をしても良いが、多分、気力と体力が相当落ちてしまっているのではないかと私は感じている。

多くの人は、アルバイトやパートをやり始めるが、面白くないので長続きしない。結局、暇人老人の世界に入って行くことになる。時間が沢山有る人は、使う用途が明確になっていれば幸せだ。ただ、時間が沢山有るだけだと「苦痛」そのものになる。

この記事「妻たちが夫の定年退職後の身の振り方について話題にしている」のポイントは、

  • 妻たちは井戸端会議で夫たちの定年退職後の身の振り方について情報交換をしている。
  • 65歳まで再雇用の道を選択する人が多い中で起業を選ぶ人もいる。
  • 今、65歳以降の人生を考えて60歳定年退職後に起業を選択するシニアが増えている。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。