65歳からの人生 - お金、筋トレ、健康、仕事

新卒者は、学生から社会人となるために会社組織で働き始める。定年退職者は、第2の人生を会社組織から離れて始める。新卒者は、社会生活をこれから学び、自分たちが夢見ている生き甲斐を探す。定年退職者は、自分を中心に人生を見直しこれからの新しい人生を試行錯誤しながら学ぶ。

新卒者には社会から羅針盤が与えられる。定年退職まで会社組織で生活すれば、65歳まで安心と安定した生活を得ることが出来るという社会常識という羅針盤だ。定年退職者は社会から人生のガイドになる羅針盤が与えられない。自分で自分の人生のための羅針盤を作らねばならない。

65歳という年齢で社会人としての節目を迎えて老後の人生を自分で描く立場になる。組織から離れてたった一人の人間として自分で生きる道を探す出発点に立つ。若者とは違い、65年という人生経験がある。その人生経験から自分が求める新しい人生を自分で見つける運命を授かる。

若者とシニアでは生き甲斐が違ってくる!

70歳を越えて仕事をしたいシニアならば、年齢ごとに雇用状況が変わることを認識すべきだ。60歳、65歳、70歳で雇用する側が雇用対象者を絞り込む。誰もが70歳まで働ける仕事はない。限られたシニアしか仕事は提供されない。仕事を続けたいシニアは、70歳まで働くために必要なスキルを身に付ける必要がある。

求められるスキルは、専門分野のスキルが多い。それは、匠の技術だ。または、長年の経験値が強みになる分野である。身近な事例では、特許の翻訳などがある。私の知人が技術系の特許事務所で翻訳の仕事をやっている。その仕事場では、定年がない。自分がもう働けないと感じたらその時が定年になるという。技術系であるので専門分野の知識や経験がないと翻訳が出来ない。年収は1000万円近いと聞いた。

需要があるが出来る人が少ないと言われる専門分野を狙う!

86歳の義母が老健施設で生活をしている。私たち夫婦と義父と一緒に1週間に1度訪問する。今、次の老健施設に引っ越しをするために一時的に個室で生活をしている。4人部屋から個室に引っ越して生活をすると老健施設にいる他の老人たちは、「もうすぐ退院ね!」と義母に言うのだという。

実際は、老健施設側の都合で新しい老人に安い4人部屋の部屋を充てがうためである。義母の場合は、予定以上に長い老健施設での入居が続いていたため、新しい人に4人部屋を提供したということだ。同時に、義母が近々別の老健施設に引っ越すことが予定されていたためでもある。

義母が個室に移動して周りの老人たちが勝手に「もうすぐ自宅に帰れるのよね!」と思っている。その思いは、老健施設にいる老人に共通した希望でもあるからだ。

自分の家でもとの生活をしたい!

自宅をいつも午前9時頃に出る日が何度かある。そんな時に限って老人が私の前を歩いている。その姿が異様だ。野球帽、スーツ、そして、運動靴姿の老人だからだ。なぜ、こんなファッショになるかをいつも考えている。

その老人は、80歳を過ぎている感じがした。健康のために外出をしているのだなと思っている。70歳代の老人の外出時の姿は、ジャケット(または、ジャンバー)、リュック、運動靴が多い。スーツ姿を見つけるのは、稀だ。仕事をしている70歳代ならば、当然、ネクタイとスーツと革靴だ。

80歳を越えている老人はネクタイはしていない。仕事をしていない老人であることは確かだ。

野球帽(キャップ)、ネクタイ無しのスーツ姿、運動靴というファッション

着る洋服は、年齢とともに変わってくる。定年退職後にスーツやネクタイを着る機会は凄く減る。冠婚葬祭や何かのイベントぐらいしかないというシニアが多いはずだ。営業の仕事を続けているシニアは、スーツやネクタイは必須だから気にすることはないが、日常生活や仕事でスーツやネクタイを着ないシニアは、宝の持ち腐れになる。

私は、一人でインターネットビジネスをやっているため実際にお客さんと会う機会は非常に少ない。1年に3回有れば多い方だ。ほとんどが、メールや電話で完了する。そのため、毎日スーツやネクタイを着る必然性が無い。NPO団体での仕事でイベントに参画したり、出張したりする時ぐらいになる。

会社員時代に購入したスーツやネクタイは、あまり有効活用できていない。

着なくなった衣類で一杯になる前にそれらの衣類を使い切る!

年齢が80歳を過ぎるとどちらかが老健施設や老人ホームに入居する事になる。肉体の老化、認知症で自宅で生活が出来なくなる。家内の両親は、母親が老健施設でリハビリ生活を送り、父親が自宅で一人生活を送っている。私たち夫婦は、1週間毎に父親の生活支援で1泊2日で横浜から東京まで旅をする。

父親は、一人で老健施設に行けないため、私たち夫婦が自動車で父親と一緒に訪問面会をする。2時間ぐらいおしゃべりをして母親の状況を把握する。父親にとって週に1回の訪問は、妻に対する愛情表現の一部のようなものだ。どの夫婦でも長年連れ添って生活をしてくるとそれぞれの愛情表現が生まれる。 

人生の伴侶ほど身近な人はいない!

65歳まで1年余りだ。65歳になったら少し今とは違う生活をやって見たい。今は、日々の生活費を稼ぐインターネットの仕事に励んでいる。65歳になれば、年金という収入が死ぬまで入ってくる。この年金収入だけで本来は生活が出来るようにしなければいけないのだが、今の生活水準を急激には下げられない。

生涯現役を目指している私であるので働けなくなる体になるまでお金を稼ぐ仕事を継続し、作り出すつもりだ。年金収入は、働けなくなった時の保険金になる。

65歳からは、収入面で精神的に気が楽になる。気が楽になるので新しい事に挑戦したい。今の生活リズムを100%変えるつもりはない。余裕が出来た時間で今まで経験した事が無い事を始めたいだけだ。

刺激がある老後生活

65歳を過ぎて仕事がなかなか見つからないシニアは、自分で小遣い稼ぎを始めることだ。自分でもお金を稼げるのだという発見と自信を体験する小遣い稼ぎである。小遣い稼ぎであるのでお金を先に投資するビジネスでやらない。お金をもらってからサービスを提供する小遣い稼ぎビジネスである。

まず、やるべき事は小遣い稼ぎをしているシニアを探してどの様なビジネスをやっているのかを学ぶことである。または、ウエブ検索して小遣い稼ぎをしているシニアのブログなどを読み漁ることだ。

起業は自信がないので直ぐにできないが、小遣い稼ぎぐらいならば失敗しても負担にならない。そんな気楽な気持ちで自分が持っているリソースをうまく使って挑戦してみることだ。

目の付け所と考え方

私にはこんな感覚がある。70歳を過ぎると体の保証期間が切れて免疫力が弱くなり大きな病気になったり、体の不調が続いたり、運悪く他界したりする人が多いような感じがする。平均寿命が80歳以上であると言っても自分が確実に80歳以上まで生きられるというという確信は得られない。

私は、63歳であるが70歳に向けてちょっとづつ終活の準備を進めている。一番面倒なことは、デジタルデータである。

インターネット・パソコン・スマホを使っているシニアはデジタルデータを整理する必要あり!

お金が欲しい人は大勢いる。子供も大人も老人もだ。お金は労働に対する対価である。年金受給者になった65歳の高齢者は、受け取る年金額では生活できないと感じたら、2つに1つのアクションを選択するしか無い。誰もが思い付く当たり前の選択だ。

  1. 年金額で生活が出来る生活水準に下げて生活をする
  2. 足りない金額を働いて稼ぐ

多くの高齢者は、健康で元気ならば働き口を探すだろう。今の生活水準を下げて質素な生活にライフスタイルを変える人は、私から言えば、凄く賢い。

お金が欲しい年金受給者はいつまで働けるかを想像して対策を準備する

my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。