Life - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳以上の男女で仕事を探している人は多い。特に、夫と死に別れた女性や独身の女性は大変苦労している。その苦労は、男性の倍以上だろう。高齢者は、年齢、体力、時代に合った一般スキル(パソコン操作)、柔軟性、健康などの面で若い年代の就労者に負ける。これらのハンディを越える何かが求められる。

横浜の街角でアンケートをとっている年寄りの女性

年金で生活できない方を除いて経済的に食べて行くのに不自由しない人は、残りの人生をどのように考えているのだろうか。この状態は、毎日が日曜日の状態になる。働く必要も無いので収入がゼロでも生きて行ける。

収入を気にしなくていいなら、何をするか?

あなたの得意なことは何か?

street train in hiroshima

ドキュメント72時間が取り扱う内容は、色々な人の人生を垣間見させてくる内容が多い。昨日見た「路面電車に揺られて」は、広島の路面電車を定点観測している。緩やかに時間が流れるように広島の住民は路面電車を楽しんでいる。生活の一部になっている路面電車が人生の一部のように感じた。

路面電車の中は見知らぬ人の人生の交流の場

 会社が不景気になると経費節約、削減、そして、人件費を抑えるアクションを取り始める。真っ先に50歳代の社員が早期退職の対象になる。会社は、経営を維持するために社員を首にせざるを得ない。誰もがそれを求めていないのだが、背に腹はかえられないと言う事情がどうしても生まれる。

どっちみち10年後には定年退職の身にある50歳代の社員は、今から自分でお金を稼ぐ経験を積む必要がある。自分の力で1円でも良いから稼いだ体験があると新しい人生を開拓できる自信になる。

50歳代、60歳代の人は他社で雇用されにくい現実がある!

The Boy and The Beast

日本を代表するアニメ映画としてジブリの映画は世界中で知られている。スタジオ地図の最新アニメ映画「バケモノの子」は、このジブリの作品を継ぐ。是非、この夏に見てもらいたい。60歳の私でも見ながら心に伝わる親子愛と人(バケモノ)を思う情が伝わってくる。涙が自然と湧いて目頭を潤した。

ジブリやスタジオ地図製作のアニメ映画には奥深い所にメッセージがある!

高齢者世帯の所得の9割が年間500万円以下であるとは、驚いた。年金だけではこの金額には至らないので金融資産を上手く運用しているとか、投資先からの収入があるとか、自分でビジネスをしているとか、不労所得を得られる何かの仕組みを作っているとかだろう。

多くのシニア世帯の平均年収は、年金だけの場合が多いので200万円ぐらいだろう。

稼げる年齢のうちに出来るだけ稼ぐ!

一人でインターネットビジネスJoomla CMSを使ってポータルサイトやコーポレイトサイトを構築、保守)をやっている。仕事場は、インターネットでレンタルサーバーにアクセスできる場所であれば何処でも良い。その日の気分で仕事場を変える。いつも、お客が少ないスターバックスのお店でコーヒーを飲みながらサーバーにアクセスしてサイト構築をしている。

だが、

スターバックスの店員(可愛い女子大学生たち)ぐらいしか、若い人に会って会話をしていない。会社組織から離れてしまったので必然的に若い人との接点がなくなってしまった。若い人たちが集まる同好会やサークルに所属すれば良いのだが、年齢を問わず参加できる団体が見つからない。自分の興味の対象になる物が見つからないと言って良いだろう。

若さを保つ秘訣!

静岡の田舎町で生まれたのでスイカは家の庭にスイカがなっていた。スイカは身近な食べ物だ。子供の頃は、八百屋でスイカを買うことはなかった。庭に行けば無料でスイカがすぐに食べられた。私の記憶に子供の頃=夏のスイカ と記録されている。

冷蔵庫に入らないスイカ

fat burning exercise

少しづつお腹のおへその上あたりに贅肉がつき始めた。脇腹も同様だ。間食はしていないのだが。お酒も頻繁に飲まないし、大食いもしていない。なぜなんだろうか?

老いから来る消費カロリーが減少してきたのか、新陳代謝が低下してきたのか?定かではないが、定期的に筋肉を鍛えている。歳を取り始めると体重が減る人や増える人がいる。年齢が70歳、80歳になると骨と皮しかないようなシニアを見かける。個人差があるのだろう、多分。

老いてくると食欲が減ると言われるが?

一人で仕事をしている日が続くと、ある時、「今日は一言も喋っていなかったなあ!」と気がつくことがある。仕事が忙しかったり、何かに打ち込んでいる時は集中しているので他のことが頭にない。暇な時に、今日は人との会話がなかったなあと気がつく。

私の仕事は、時間と場所に制約されない。そのため、仕事がしやすいCafe(Starbucks)でインターネットビジネスをしている。周りには同じような感じの人たちがインターネットにつなげて何やらやっている。パソコンと睨めっこの人たちは、私と同様静かに仕事をしている。会話はほとんど無い。一人だからだ。

会話を楽しむには自分から話しかける勇気を持つことだ!

dance hall

「東京・下町 男と女のダンスホール」ドキュメント72時間を見ていた。シニアの男女が社交ダンスを楽しんでいた。色々な過去を持ったシニアの男女がソーシャルダンスを介してひとときの時間を楽しんでいる。ダンスを教えるシニア。ダンスを学ぶシニア。ダンスの相手を探すシニアたち。

ダンスに興味を持つ高齢者の男女(若い人たちもいるが)が出会い、ダンスを介して楽しい時間を過ごす場がダンスホールである。

ダンスホールがシニアの憩いの場

誰もが歳老いて行く。 60歳、70歳、80歳になった時、健康であるかないかの競争になる。お年寄りの挨拶は、この言葉で始まる。「体の方はいかがですか?」「お達者ですか?」

同じ60歳、70歳、80歳でも元気に個人差がある。60歳なのに70歳以上に年老いて見える人。80歳なのに60歳のように元気よく歩いている人。健康や体力の個人差がシニアに顕著に出てくる!

やりがいを見つけて第一歩を踏み出している人

ITは必須の時代

3日ほど前にぎっくり腰をやってしまった。ぎっくり腰をやると2,3日は動くことが苦痛で不自由な生活を余儀なくされる。シニアが健康を害するとぎっくり腰のような不自由な状況になる。高齢者が生きて行く上で健康で普通の生活が出来る事が一番重要である。

次に、年金で生活できないシニアが増加する。それ故、なんらかの手段で生活費を稼ぐ事を高齢者はしなければならない。何もしないで自宅でぼーっとしているシニアは少なくなる。

孤独は時間と共にやって来る!

1週間ほど前に横浜の踊場駅に近い久保内科胃腸科医院でABC検診を受けた。ABC検査は、胃の中に胃がんを引き起こすピロリ菌が生息しているかどうかを調べる血液検査(血液による胃がんリスク(可能性)を予測する検査)である。ピロリ菌が胃の中で活動していると胃がんになるリスクが高くなるという調査結果から最近は企業の人間ドックで採用され始めている。

ABC検診は、バリウムのレントゲン検査を省くことが出来る。但し、検診の結果、胃の中にピロリ菌が生息していないという人のみだが。

バリウムを飲むと排便で苦しむので!

somethingNew

人生は一度限り。60歳を越えれば、生きていられる年数が数えられる。保守的な人生を今から迎えるライフスタイルが本当に自分に合っているのだろうか?そんな疑問に一度答えてみよう。新しい体験=新しい挑戦!

どんなに失敗しても死後の世界まで追ってこない。リスクを自分だけにすれば良い。そうする事で家族に迷惑がいかない。

新しい体験はシニアだから出来る! 

iseiebi

足が動くうちに、体力があるうちに、健康なうちに、経済的に余裕があるうちに、自動車を運転できるうちに、○○のうちに出来る事を!

日本や海外の各地にある郷土料理は美味しい食べ物で一杯だ。これを夫婦旅行で楽しむ。定年退職後は、時間の都合が自分の都合でつく。だからこそ、夫婦で日本や海外の各地に出かけて地元の美味しい料理を楽しむ。

美味しいバーベキューリブ(BBQ Lib)を食べ?に夫婦でSan Diegoへ