高齢者の一人遊びは孤立する。自分の趣味や興味で見つかる団体やクラブで新しい友達を作る - 仕事、健康、筋トレ、暇

定年退職で組織から離れた状態は、一人の子供のようなもの。学校に入る前の子供は、遊び相手がいない。一人で遊ぶことになる。子供であれば、母親が同じ年頃の子供と遊ぶ機会を作ってくれる。近くの公園に行けば、子供連れの親子がいる。

しかし、

人生経験豊かな高齢者は、仕事ばかりの人生で一人になった時の遊びがうまくできない。新しい友達を自分で作れない。自分から積極的に遊び相手を求めていかないといつもの一人遊びになる。一人遊びは子供も高齢者もつまらない。新しい遊び友達を作るにはどうしたら良いのだろうか?

遊びが誰かと一緒に出来る団体や組織に所属する

60歳を過ぎた高齢者には、遊び相手を紹介してくれる母親がもういない。頭でっかちで人生経験が豊かで趣味趣向がある老人である。遊び相手は自分で探すしかない。又は、自分で一人遊びをするしかない。年寄りは子供に戻る。

これから想像できることは、高齢者が孤立することだ。

孤独、孤立から逃れるためには、仕事をすることである。又は、もう一度学校に行くことだ。特定の組織や団体の中に入ることで新しい出会いとつながりが生まれる。仕事も学校も興味が無い高齢者は、高齢者が集まるNPO団体に顔を出してみる。積極的な人はこれが出来る。

多くのシニアが言う言葉がある、「歳を取ったので最近人に会って、話をすることがなくなった!」と。

趣味があるならば、趣味の友だちを見つける。同じ趣味を持つ人たちが集まる団体があれば、その団体に所属する。探せば、ハイキングや登山、アマチュア写真家グループ、100キロマラソングループなど自分の趣味に合った団体組織が見つかるはずだ。

恋愛好きな高齢者は、シニア恋愛交流会などに参加してみてはどうか。俳句やコーラスグループもある。男女が混じり合う機会がある趣味の団体は孤立や孤独からあなたを引き離してくれる。

体が思うように動かす事が出来ない高齢者ならば、SNSで会話を楽しむことも出来る。探せば見つかる。何事も自分で何かを求めないと何も始まらないことは確かだ。

私はまだ60歳だ。自分の仕事も持っている。NPO団体にも所属している。インターネットにも詳しい。毎日出勤する仕事場もある。そんな環境にいるのだが、何か足りない感じがする。若い人たちと会って情報交換が出来ていないことだ。定期的な勉強会に参加するしかないのかもしれない。

  • 自分の仕事
  • NPO団体の仕事
  • ビジネス交流会
  • ブロガー仲間との懇親会

   +
若い人たちとの勉強会 <これを追加したい!そんな欲求を覚える。これから定期的に開催される勉強会を探そうと思う。 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。