節約の老後生活にするにはどうしたら良いか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

自分のお財布を出して、今、いくら現金が入っているかを確認して見てください。

10万円以上現金が入っている人は少ないのでは。私の財布には、1万円ぐらいしか入っていません。1日に使うお金が1000円ぐらいだから。大金は持ち歩いていない。

クレジットカードはどうか。

複数枚のクレジットカードを持っているが、1か月に1度使うか使わないかの頻度だ。基本、私の生活は現金払いの生活だ。だから、クレジットカードには用はない。クレジットカードは万が一のための道具だ。

節約の生活にしたければ、現金払いの生活にする!

還暦を過ぎたシニアが日常使うお金は1000円から2000円ぐらいだろう。お酒が好きな人ならば、居酒屋で五千円ぐらい使うかもしれない。シニア女性も特別なバーゲンシーズンでなければ、大金は使わない。

シニアの生活は質素な人が多い。

現金払いの生活は、高い物を買わないで済むことだ。買いたいと思っても手元に現金がない。無いから買う誘惑に負けない。この時にクレジットカード支払いの習慣があると終わりだ!

クレジットカードは、限度額までお金が使えてしまう。銀行に残金があろうとなかろうと使えてしまう。後で金策に慌てるだけだ。お金を使う上で自制心が弱いシニアはクレジットカードに向いていない。自制心の弱い人は、現金払いの習慣を身に付けるべきだ。

月に使えるお金を現金で制限する習慣があると無駄遣いが出来なくなる。その分、余ったお金を老後の資金にする事が出来る。

普通の生活をしているならば、毎日大金が出て行くような買い物はしないはずだ。特に財布に大金が入っていなければ、高価な買い物はその場でしない。

お金を気軽に使える環境を自分で作ってしまうとお金はどんどん出て行く。お金を簡単には使えない環境を作れば、お金はどんどん貯まって行く。単純な法則だ。

老後の資金を貯めたいシニアは、今から現金払いの習慣を始める事だ。 

64歳の私は、保険の契約をすべて解約した。医療保険は、自分で作っている。毎月5000円、自分の医療費用銀行口座に入金している。医療保険で一般的な掛け金が月5000円である。もし、入院すれば入院日数分だけ日5000円が最長60日間支払われる。その合計金額が30万円になる。

つまり、

月5000円の掛け金で最低30万円の保険料を得る事になる。掛け金の合計が30万円になるまで5年間かかる。5年以内に入院すれば、医療保険に入って得をする。5年以上支払い続けていると損をする。

今から5年以上健康でいられる生活習慣がある人ならば、私のように自分の医療費用銀行口座に毎月5000円振り込んでおいた方が断然お得だ。医療保険は、還暦を過ぎたシニアには無駄の費用だ。既に国民健康保険を私たちは支払っている。大きな病気をしたら国民健康保険が対処してくれる。

老後の生活資金を貯めるには、無駄をなくすしかない!

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。