シニアの居場所は仕事をする、社会人大学で勉強することで見つかる - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

シニアの夫が外で何をしているのか分からない妻

多くのシニアはなぜか妻の後をついて回る傾向がある。妻ほど毎日やる事がないからだ。妻がどこかに行こうとすると、「おい、おまえ、何処かに行くのかい?」と聞く。そして、俺もいっしょ行くと言ってくる。

これが何度も続くと妻から付いてこないで!と言われ始める。

一方であるシニアは、いつも外に出ていく。何処に行くか知らせていない。そのためか、妻は我が夫はいったい毎日何処に行っているのかと不思議がる。

妻に自宅を追い出されたシニア男性は何処にいるのか?

シニアの老人たちを見つけたければ、こんな場所に顔を出してみると良い。

  1. 近くの公共図書館
  2. 公園
  3. 銭湯
  4. 喫茶店
  5. デパートの休憩場所
  6. スポーツセンター
  7. 海辺や河川
  8. ショッピングモールなど

兎に角行く場所が限られる。今日は何処に行こうかといつも悩んでいる。たから、妻に何も行き先を伝える事が出来ない。

友達に会いに行くとか、○○の会に参加するとか、特定の目的があれば妻にどこどこで何々をしてくると言える。時間を持て余しているため外に出て何かをしようとするが、やる事がない。行く当てもなく外を歩いてその日が暮れる。

シニアは何をすれば自分の居場所を見つけられるのか?

建設的に時間を使うならば、「アルバイト、パートタイム、ボランティア」の仕事を探す事だ。会社勤めの時は、午前9時から午後17時まで会社というカゴの中に居場所があった。そのカゴがなくなった今、自分で自分のカゴを作らねばならない。

趣味だけで、遊びだけで新しいカゴを作れるならばそれが一番良いだろう。現実は、難しい。遊びは飽きてしまう。仲間が必要になる。

お金があるならば、社会人大学に入学すると良い。何らかの習いごとをする事で新しいカゴを作れる。毎週何時から何時までどこそこに行くという日課が生まれる。そのような日課を沢山見つけて自分の新しいカゴを作っていくのだ。

外部との接触がある日課があれば、新しい人との出会いが生まれ友だちづきあいが始まる。新しい友達や仲間が増えれば、必然的に時間はその仲間との間で費やされる。仲間と一緒に遊ぶ、旅行する、飲みに行く、銭湯に行くなど色々な活動が出来る。

私の知人は、2つのタイプに分類される。まだ、60歳代なので皆さん自分でビジネスを展開している、または、NPO団体で何か自分が出来る事をやっている。兎に角、まだ、現役として自分の経験を社会に還元しようと努力している。

何をやったら良いか分からないで迷っているシニアでお金に余裕があるならば、大学に入学した方が良い。若い人たちと一緒に新しい知識を学ぶ。若者たちからエネルギーをもらえる。試験なしでは入れる大学は探せば見つかると思う。

インターネットの検索サイトでこの文章で検索して見て下さい。

シニアが試験なしで入学できる大学

参考になる学校がリストされると思いますよ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。