無料で頂ける高級チョコレートとコーヒーはどこで頂けるのか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

ヨーロッパで有名なチョコレートブランドがある。Lindt(リンツ)というブランドだ。Lindtの看板チョコレートにLindor(リンドール)がある。球型チョコレートで一度食べると忘れられないほど美味しいチョコレートだ。1つ、100円ぐらいする。このリンドールチョコを無料で頂ける方法がある。

海外食品雑貨を専門に輸入販売しているKaldi(カルディ)というお店チェーンがある。カルディは、海外食品雑貨を比較的安く購入できるお店だ。このお店では、コーヒー豆の販売もしている。このお店の入り口では、美味しいコーヒーを無料でお客さんに手渡している。

美味しいチョコとコーヒーを楽しむにはここに行く!

シニアの人たちは、暇つぶしにショッピングセンターに行く場合が多い。多くのショッピングセンターには、Kaldi店がある。まず、Kaldi店に立ち寄って無料コーヒーを頂く。無料コーヒーは、お砂糖とミルク入りのコーヒーとブラックコーヒーを選択できる。店頭でコーヒーを手渡している店員にお好みをお願いすればすぐに作ってくれる。私はいつもブラックコーヒーにしている。

頂いたコーヒーを飲みながら店内を一回りして店をそのまま出る。どこかに腰かけてコーヒーを味わいながら人の流れを楽しむ。

Lindtの高級チョコレートLindorを無料で頂く方法は、各お店で特定の時間帯に店員がLindorチョコを入り口で一人一つ直接手渡している。その時間帯は、お店によって違うのだが平日ならば午後13時から14時。または、午後17時から18時。この時間帯にお店を通る私はいつも昼飯のデザート、夕食前のデザートとして利用している。 

Lindtのお店はこちらを参照。私は、いつも、横浜ベイクォーターのスタバで仕事をするのでランチ後必ずLindtのベイクォーター店の前を通る。その時間帯がちょうど午後13時から14時の間だ。今までこの時間帯でリンドールチョコをお試し試食していない時はなかった。毎回、違う店員がチョコを配っているので気楽に試食できている。

横浜ベイクォーターのLindt店の近くにKaldi店があるのでLindorチョコを頂きながらKaldi店でブラックコーヒーを飲むのがいつものパターンだ。毎日お邪魔するのは気が引けるので時たまにしている。シニアの気分転換に高級チョコレートと美味しいコーヒーを頂くのも良いのではないだろうか。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。