なぜ、シニアはインターネットバンキングを利用すべきではないか? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

インターネットビジネスをやっている私だから言える事が有る。金融資産の管理は、小金だけにして大金はインターネットでアクセスできないようにする方が良い。便利だからインターネットでお金の振り込みや支払いをしてしまいがちなシニアが多い。シニアが使うパソコンは、セキュリティー対策が不十分である。

今使っているパソコンのWindowsがWindows 7や8、または、Windows XPならば、直ぐにそのパソコンでインターネットバンキングをすることをやめる事である!!

知らないうちにマルウエアに感染している場合があるからだ。古いOSで動くブラウザーソフトもセキュリティーで穴が開いている場合が多い。パソコンのOSやブラウザー、そして、セキュリティーソフトは常に最新状態にする必要がある。

でも、

パソコンやインターネットの知識が少ないシニアは、パソコンを頻繁に使わないし、ソフトの状態を細心にする方法も分かっていない。古いパソコンでは、OSやブラウザーを最新状態に出来ない場合がある。

自分のお金の管理は現実の世界で行うのが安心!

私は、こんなやり方をしている。

ビジネスでお金のやり取りをする時は、銀行のATMか、窓口で手続きをしている。大手銀行に口座があるが、インターネットバンキングの利用を止めている。インターネットバンキングだけの銀行(楽天銀行、イオン銀行などなど)はインターネットで操作しないでATMだけにしている。

ただ、

少額の資金を口座に残して使っているインターネットバンクが一つある。仮にログイン情報をマルウエアに取られても被害額を最小限に出来るからだ。金額にして10万円以内の残金を残して少額な支払いに使っている。

通常のお金の出し入れと振り込みは、全てATMと銀行通帳でしている。今までにマルウエアによる被害は一度もないが、知らないうちに銀行口座からお金が盗まれるというリスクを無くしたいからだ。確実な方法は、インターネットでお金のやり取りをしないという事だ。

クレジットカードを使った商品の購入で被害にあっても、クレジットカード会社の補償がある。不審な支払いがクレジットカードで発生していれば、直ぐにクレジットカード会社で対応を取ってい頂ける。多額のお金を直接自分の銀行口座からどこかに送金するような手続きは、手数料が高くても安心して送金できる銀行窓口やATMでやった方が心の安心を確保できる。

電子マネー(SuicaやPASMOなど)は、少額決済であるので安心して使えるが、銀行口座から直接多額のお金が使われる仕組みの電子マネーは使わない方が無難である。使うならば、クレジットカードである。 

私は、クレジットカードを10枚ぐらい持っているが極力使わないでいる。使うのは現金だ。日常で使う金額は数千円単位であるので財布に1万円入っていれば十分。クレジットカードは、万が一の時だけに使っている。今まで万が一の状態になったことはないが。

シニアが気を付ける事は、いつも使っているパソコンが最新状態にして置く事だ。Windows OSやブラウザーソフトは、常に最新バージョンにするという事を意識して使う。セキュリティーソフトは、パソコンを立ち上げるたびに最新バージョンにアップデートされるので気にする必要はない。

セキュリティーソフトは万全ではないという事を知ってほしい。

パソコンを使って一番被害に会う事は、インターネット経由で金融資産情報(ログイン情報)が知らないうちに盗まれている事だ。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。