定年退職後に自分の名刺を持ては第二の人生が始まる - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

life

会社を離れて自由な時間を過ごしている内(たぶん半年ぐらいかな)は今まで累積していた鬱憤が解消される。いつも、誰かに(上司や同僚)監視されているような見えないストレスがあったのではないだろうか。

会社を離れて半年が過ぎ始めるとこれと言ってやる事が見つからなくなる。現役で働いている知人や友人、または、事業を始めている人と会うと名刺をもらう。そのとき、自分の名刺がない事に気がつく。名刺を持たない自分は、いったい誰なんだと。

名刺は自分の存在を表現してきた。いつも会社に所属していて会社の名前で生活をしてきた自分を思い出させる。今の自分は、何物でもない。ただの無職の個人である。定年退職とは、この現実と向き合う事である。

自分の名刺を作るには

米国の社会で自己紹介する時に日本人と米国人の違いが顕著に出る。

日本人は、○○会社の○○です。

米国人は、△△を職業にしている○○です。会社はあまり表に出ず自分が何が出来るかを印象づける紹介が多い。会社は日本人と違って頻繁に変るからだ。遊牧民族と農耕民族の違いかもしれない。

名刺を持たなくなった自分を自己紹介する時にあなたはどう自己紹介するのだろうか。私の場合はこうなる。

Joomla CMSというシステムを使って中小企業のホームページを構築していますゴヤットの吉田ですと。そして、私の名刺を渡す。私は、自分の職業を作った。そして、会社も作った。自分の存在を示すための場所を自分で作った。

自分の職を持つと自分の存在を証明できやすくなる。

自分で社会に貢献できる仕事をやり始めれば自然と名刺の必要性が出てくる。定年退職で只自由な時間を遊んで暮らす人は、二度と名刺を使う機会がない。友達に会うと、「今何をやっている?」と聞かれるはずだ。その質問に答えられない人が多い。

こうなると本当に自分が惨めになる。

まだ元気で働ける。それなのに遊んでいて良いのだろうかと。名刺を持っていない高齢者は、人生の生きがいを失った群衆に取り込まれる。デパートの休憩用のいすに一日中座って行き交う人たちを見ているだけの生活を続ける事になる。それで残りの人生を充実させる事が出来るのだろうか。

もう一度自分が使う名刺を持とう。

自分が出来る事を1枚の紙に書いてみよう。それを手始めにして働き口を探す。または、個人事業主の登録をして自分らしいビジネスを開始する。 それが出来れば、輝かしい第二の人生が始まる。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。