なぜ、シニア男性の若さは性的な魅力を感じられるかどうかなのか? - 仕事、健康、筋トレ、暇

良く言われるのは、男女ともに「風貌」が若さの判断基準であるということ。特に「顔」に若さが現れる。年齢と顔で印象が違う時に若い、老けていると言う判断が他人からなされる。私の義父は94歳なのだが、一目顔を見ると94歳とは思えないほど若く見える。先日も義父の定期検診で病院に付き添いで出かけたら、待合室の隣りに座った年配の女性からこんな言葉を義父は頂いて喜んでいた。

「へえ〜、94歳なんですか!とても、94歳には見えないほど若いですね!」

確かに義父の顔を見れば、シワが少なくて顔が枯れていない。柔らかさが顔に見える。80歳前後に見えてもおかしくはない。

肉体的な若さは、(1)顔、(2)体(姿勢や体格)、そして、(3)動きに現れる。一方、精神的な若さはどこに現れるのだろうか。60歳を過ぎた知人たちが居酒屋でエロ話をし始めると必ず一人か二人もう俺は女に興味を持てなくなったと言い始める。その理由を聞くと「俺の息子が立たなくなり、性的欲求が生まれてこない。」と話し出す。

60歳を過ぎても性的興奮を維持し続けるシニアもいる。個人差がある。一般的にテステトロンというホルモン分泌が多いと男性として性的な興奮を維持し続けられるという。筋トレなどをやり続けているシニア男性はこのホルモンを分泌しやすい。

世間的に男として女に興味をなくしたら男として終わりだと言われる。種付けが出来なくなった男は用無しになる。それが日常の行動に老化現象として現れ始める。男の視点で若い女性を見てナンパしようと騒ぎ出すシニア男性は若いと感じる。若い女性との接点が生まれると心がウキウキし始めるシニア男性も若い。

若さを感じるかどうか

シニア男性の精神的な若さは女性を見て性的な魅力を感じられるかどうか?

家内と一緒に買物に出た。前方を歩いていた30歳代の女性のスカートが目に止まった。家内によれば、私の目を射止めた女性のスカートは、「サテンプリーツロングスカート」というものらしい。こんな感じだ。

longskirt

このロングスカートがすごく滑らかで腰やヒップあたりの曲線が性的に私を刺激していた。この感じ方は、シニアの男性に多いかもしれない。若い男性ならば、肌を出したミニスカートやショートパンツに性的な刺激を感じるだろう。シニアになると間接的な性的魅力に引きつけられる。

見て感じる性的な魅力

シニア男性としての若さを図るには、視覚的に性的な魅力を感じるか、感じないかではないかと思っている。男性の性的な欲求は死ぬまでなくならないと言われるが、高齢者になればなるほど性的な魅力の感じ方がより間接的になる。性的な感じ方が失い始めているシニア男性であるならば、精神的に男としての若さはない。

老人は時間の問題で肉体的に性欲を機能させることが出来なくなるが、精神的に性の魅力を感じる若さを肉体よりも長く保持できているのではないかと思っている。視覚から来る若い女性の性的な魅力を写真に残すシニア男性が多い。

私は肉体的にも精神的にも若いと自負している65歳である。体にフィットしたタイトなジーンズを履いた女性、着物姿の女性、腰やヒップを引き立たせるタイトでロングなスカートの女性などを見ると目が点になるほど見つめてしまう。女性の美の感じ方がだんだんと間接的な魅力に変わってきている。

ちょっとエッチな精神を持つことでシニア男性の若さを維持

性的な魅力を感じる機能は、本能に根ざしている。この機能が弱まってくるとシニア男性は完全に枯れてしまう。老人は、ちょっとエッチな精神を持っていたほうが若い。家内はいつも私の目の行先を観察している。じっと見ているとあの女性のヒップは形が良いわね!と言い始める。

妻は夫の性的な好みを夫の目先から読み取っている。知らないふりをして夫の行動を広角レンズで観察している。妻も夫に若さを維持してほしいと願っている。肉体的な若さは敬遠するが、精神的な若さは許容範囲のようである。

ちょっとエロい老人のほうが余生の楽しみをもっと味わえると私は思っている。94歳の義父は私の息子の嫁(31歳)が訪問してくると笑顔であふれる。若い女性はシニア男性にとって「美」そのものに映るからだ。

風俗の世界では、老人男性専門のサービスをするお店がある。肉体的な欲求を満たすのではなく、老人男性の精神的な欲求を満たして上げる。視覚的な欲求を満たしたり、孤独を忘れるためのおしゃべりをしたり、添い寝したりする。こんなサービスをもの止めるシニア男性は若い。

若い老人は思ったことを行動に起こす。自分が求めていることを追い求める。それが本能に根ざしている。若さは衣食住の本能に関連しているのではないか。食欲旺盛なシニアは生命エネルギーに溢れる。ファッションに興味を持つ人は流行に敏感になる。住む場所に気を使うシニアは自分の夢を住まいに求める。

与えられた本能のエネルギーが衰えると若さも失われていく。

結論

60歳を過ぎると体にガタが来やすくなる。若さが失われていく。肉体的な老化は避けようがないが、精神的な老化は見せ方で変えられる。肉体的な若さは、(1)顔、(2)体(姿勢や体格)、(3)動きに現れる。精神的な若さは性的な魅力を感じられるかどうかで決まる。

男として生まれた役割を果たすために女性への性的な欲求がある。性的な欲求には肉体的と精神的の2つがある。精神的な欲求は肉体的な欲求よりも長く生き続ける。若さを印象はその人の行動や言動で分かる。94歳の義父が若い女性との交流で興奮するのは精神的に若いからだと思う。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。