60歳から足の筋肉を鍛えて80歳以上になっても普通に歩けるようにしたい - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

シニアが足を鍛える

足の筋力(筋肉)は、60歳から急激に低下する。試しに、椅子に座って片足で立てるかテストしてみて下さい。私の66歳の兄は片足で椅子から立てることが出来ませんでした。普通の生活をしていて何も問題が無いのだが。知らないうちに足の筋力が衰えて行っている証拠である。

私はまだ60歳。ジムでウエイトトレーニングを週1回行っている。まだ、片足で椅子から立てるだけの筋力は残っている。普通の生活だけでは、足の筋力の低下は抑えられない。意識して定期的に普通以上の負荷を足に与えて筋肉を鍛える必要がある。足の筋肉を鍛える時期が早ければ早いほど短期間で足の筋肉を強化できる。

足の筋肉を鍛えるには負荷を与えるしか無い!

60歳以上の男性ならば、一度、近所のスポーツセンターに行ってみてください。スポーツセンターでウエイトトレーニングが出来る環境があれば、トレーナーがいるので相談してみてください。足の筋力を鍛える運動をどのようにすれば良いかを。

通常、スクワットという足の運動を勧められる。色々なやり方がある。手軽なやり方は、自分の体重を使って下記の画像のような運動をしてみる。私は、ウエイトトレーニングを長年やっているのでフリーウエイトのバーベルを使ってスクワットをしている。慣れた人向けである。

squat(引用先: http://www.selfdoctor.net/q_and_a/2012_09/11.html