両極端のシニアの増加:元気なシニアと壊れて行くシニア - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

60歳代のシニアで健康を意識している人は、定期的な運動をしている。健康を頭の中で意識していても定期的な運動をしていないシニアは、70歳以降にその結果を体に受け取ることになる。特に、足の筋力低下が徐々に感じ始める。60歳代と70歳代の体力は、歴然としてくる。定期的な運動をしている高齢者とそうでない高齢者は、70歳代から80歳代でその違いを無視できなくなる。

高齢者の歩き方でこの人は運動を定期的にやっているなと分かる。特に70歳以上の高齢者はそれがすぐに分かる。

定期的に運動をしている体は歩き方が力強い!

元気なシニアと壊れていくシニアとでは、歩く時の姿勢と力強さに違いがある。定期的な運動を行っていないと使わない筋肉が体に増えてきて、筋力が衰えてくる。その結果、体を動かす時に機敏性を失う。特に、足腰の筋力が失われ始めると歩く時のバランスが上手く取れなくなり、その影響が歩く時の姿に出る

力強く歩く元気なシニアバランスを失いながら歩く壊れていくシニアでは、見た目が相当違う

60歳代は、定期的な運動をしなくてもまだ体の筋力を維持できているが、知らないうちに筋力を失い続けている。第二のキャリアを求め始める年齢の人は、生活のリズムが不定期に成りやすい。毎日体を刺激する活動がない場合が多い。そんな生活が続くと60歳代のシニアの体は、筋肉を今まで以上に使わなくなる。知らないうちに筋肉が使われなくなることで筋力を失い始める。

壊れて行くシニアは、70歳から80歳以上の高齢者が多い。筋力の衰えが体に出始める年齢の老人たちだ。バランスが崩れた歩き方、足を引きずるような歩き方、歩く速度が遅い歩き方、背中が曲がった姿勢で下向きに歩く姿など歩く時に両手が動いていない。

横浜駅周辺で70歳以上のシニアが歩く姿を観察してみた。

明らかに何らかの運動をしている高齢者は、歩く速度が速い。両手もしっかり動いている。仕事をしている人もしていない人もこの2つの要素は共通している。歩く速度が速くなると自然に両手も動く。同時に体全体に力強さを感じる。

健康を意識している老人が「筋肉を作ると宣伝している味の素のアミノエール」を飲み続けても筋力運動をしていなければ何の効果もないということを悟っていない。ちょっと、散歩程度歩いただけでは失われていく筋力を維持できない。

筋力を強化するには、筋肉痛を味うぐらいの負荷を筋肉に刺激する必要がある。そこまで運動をしていない高齢者が多い。アミノエールを飲んで歩いていれば自動的に筋力を維持できると思ってはいけない。

筋肉は定期的な刺激を与え続けて筋肉細胞に傷をつけなければ強化されないという事実を知るべきだと思う。

壊れて行くシニアは、70歳以降に自分の体が思うように動かせない苦痛を味わうことになる。その時に初めて筋肉を定期的に動かす運動の重要性を体で知ることになる。

足の筋肉が体の中で一番大きい。この筋肉が衰え始めると歩き方に出る。