シニアがスポーツジムで筋肉を鍛えるメリットは何か? - 定年退職後の過ごし方、働き方、起業、筋トレ、お金

筋肉を鍛える

毎週一度スポーツジムに通っている。区が運営しているスポーツセンターだから安い。ウエイトトレーニングの設備が整っている。私と同じシニアの人たちが増えている。

60歳、65歳、70歳、75歳と5年ごとに体の筋肉と体力が減少していく。何も運動をしていない人たちの体は1年に1%筋肉が体から消えていく。

この問題を解決するには、筋肉を鍛えるしかない。筋肉を鍛えると新陳代謝が活発になり免疫力が維持されるという。定期的な運動を筋トレで行うと健康寿命が伸びる。筋肉を鍛えると成長ホルモンが分泌され、体の免疫力が維持されやすい。

健康は免疫力を維持させる事で維持できる!

人生を楽しむにしても、仕事でいきがいを見つけるにしても、健康が維持できなければ意味がない。体力は年齢と共に衰えていく。免疫力もそうだ。足の筋肉は、足を使わないと維持できない。通常の使い方では、時間と共に衰えていく。筋肉は、刺激を与えて筋肉が必要だと体に伝える必要がある。

筋肉に負荷を与え続ける。これを続けていると若さを維持できる。若者が出来ない事も出来るようになる。例えば、30歳代、40歳代の人が鉄棒で懸垂が出来るかどうかだ。多くの若者は1回も出来ない。自分の体重を腕だけで上げる運動をやっていないからだ。腕の筋肉は、刺激がないため懸垂のような事をさせる筋肉が作られていない。

私は64歳だが、懸垂が8回ぐらい出来る。スポーツセンターのウエイトトレーニング施設にも懸垂で腕の筋肉を鍛える鉄棒があるが、懸垂が出来ない若者が多い。

筋肉は普通の生活で使う以上の負荷をかけ続けると筋肉が育ち始める。それに伴って免疫力や新陳代謝も活発になる。シニアは筋肉を使わない生活に入りがちであるのでスポーツセンターに定期的に通って筋肉に刺激を与え続けるべきだ。

街角で見かけるシニアは、ふらついて歩いている。70歳代、80歳代の人は、多くが足の筋肉を失いかけている。足に老齢化現象がやって来る。散歩が良いと進められるが、今、50歳代、60歳代ならば筋肉をつける運動を積極的に行うべきだ。体力が付いてくれば精神面でも強くなる。

ちょっとづつ負荷をかけて継続的に筋肉を刺激していく習慣を今から身につける。10年後と言わず1年後にその効果が体で感じられるようになる。

筋肉を鍛え始めると体は栄養を求め始めるので食欲が旺盛になる。出来るだけ野菜と肉を食べる。ジムでワークアウトしたあと1時間以内に牛乳やヨーグルト、または、バナナなどのタンパク質が多い物を体に入れると良い。筋肉が付きやすくなる。

週に1回でも良いのでスポーツジムで体を動かす事で長年累積してきた老廃物を汗と一緒に出してくれる。心地よい汗を味わえる。私は、GymでWork-outした後でスターバックに行って一杯のブラック珈琲を飲む。その時間が一番開放感を感じる時間だ。肉体的にも精神的にも心地よい。

50歳代、60歳代は会社で不安定な精神状態になりやすいのでそんな時スポーツセンターで汗をかくことでポジティブな姿勢になれる。

シニアであれば、健康に問題が無ければ、スポーツセンターで筋肉に刺激を与えてほしい。肉体面でも精神面でもプラスに働くからだ。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。