健康を維持したいならば早食い大食いを止める、それが出来るか、出来ないか! - 定年退職後の高齢者の仕事、雇用、健康

家内と結婚してから今までこんな事を言われ続けている。

「早食い大食いは肥満の原因だよ!」

早食い大食いの習慣は、高校生時代に身に付いてしまった。柔道部に所属して寮生活をしていたからだ。その習慣を米国の大学生活まで引き付いて一時期体重が80キロを超してしまった時があった。通常の体重は、75キロなのだが。5キロオーバーになると体が重く感じ始める。会社員時代も体重は、80キロを越えない程度で維持をしていた。その理由が早食い大食いだ。

51歳で起業した時に体重が標準体重に近い75キロまで落ちた。今もその体重を維持している。最近、感じている事は早食いをするだけで大食いになるという事だ!

シニアで起業をする人は健康管理が一番重要だ!

早食いをすると満腹感が後でやってくる。そのため、食べ過ぎてしまうのだ。結果として大食いになる。63歳になって、しみじみとその仕組みが分かってきた。早食いをしてしまうと食べている時、まだ腹八分目ぐらいだからもっと食べようとする。これが後でお腹を苦しめる。食事を終わって15分ぐらいするとお腹が張ってきて苦しくなるのだ。ちょうど良い満腹感で食事を終えたのになぜお腹が膨れているのだと戸惑う。

筋トレを週2回やっているため消費カロリーが1700カロリーある。そのお陰で肥満にはならない。標準体重に近い。

でも、

本来ならば、75キロりょりも低い72キロが最適な体重だ。その体重までなかなか落ちない。意識して運動量を増やしているのだが、増やして消費するカロリー分食べてしまうらしい。筋トレをした夜は、酷くお腹が空く。それで早食いをしてしまう。早食いは大食いをもたらすので体重は思うように落ちない。 

自分は肥満だと自覚しているシニアは、食べる量を3分の2ぐらいにすれば直ぐに体重が落ちる。頭で考えてもそれが可能なのはわかっているが、現実、お腹が空いたと叫んでいて実行に移せないシニアが多い。

私は意識して早食い遅食いに変えて来ている

野菜類を先に食べておなかを先に膨らませる。その後に肉類や魚類を食べながらご飯を取る。ご飯は、少なめの量にしてもらっている。ゆっくり食事をするには、噛む回数を増やすか、家内とおしゃべりしながら食事をするかのどちらかだ。私の悪い点は、一人で黙々と食べる事だ。

だから、

どうしても早食い大食いになってしまう。自分が家内に話をしている時間が長ければ長いほど口に食べ物が入る回数が少なくなる。食べる時間が長くなると脳に正常な食事の量の信号が届く。

私の知人が肥満で成人病に成り、大手術をした。1週間ぐらい病院に入院した。彼の体重は1週間で10キロから20キロぐらい落ちていた。病院での食事の量が少ないからだろう。ベッドに寝ているので消費するカロリーも少なくなり食欲もそれほど増えない。お酒を飲まないのでその分だけカロリー量も下がった。

大手術のお陰で彼は、自分の健康管理に気を使うようになった。食事の量をコントロールするために早食い大食いを止めた。大きな手術をした人は、大きな生活の変化を実行できる強い意志を持てる。退院後、彼は新しいスーツやシャツを買う事になった。お金が出て行ったが、健康は戻ったという。

ビジネスはお付き合いで暴飲暴食をする機会が多い。健康管理を意識していない人は必ず肥満の問題を抱えている。シニアで肥満な人は、強い意志で早食い大食いをコントロールする対策を身に付ける必要がある。

早食い大食いを止めるために食事中は進んでお喋りを自分からすることだ!おしゃべりで食事の時間を長くする。これが一番簡単な対策だ。

この記事「早食い大食いは肥満の原因だよと言われている63歳シニア」のポイントは、

  • 早食いは大食いに通ずる。食事する時間が短いと脳に満腹であるという信号が正常に伝わらない。 
  • 早食いをすると満腹感が後でやってくる。そのため、食べ過ぎてしまうのだ。結果として大食いになる。63歳になって、しみじみとその仕組みが分かってきた。
  • 早食い大食いを止めるために食事中は進んでお喋りを自分からすることだ!

 

goyat.biz