老後の健康を維持するには何が必要か?ビフィズス菌 - 仕事、健康、筋トレ、暇

good for health

グリコから高濃度ビフィズス菌飲料Bifix1000(ビフィズス菌が1000億個)が販売されている。近くのスーパーなどで手ごろな価格で手に入る。腸内フローラの環境を良くすると健康が改善される。腸内に善玉菌を増やすことで私たちの体調を良くしてくれる。乳酸菌などの善玉菌は腸内を酸性にして細菌の繁殖を防ぎ、乳酸菌自身も酸性の環境で増殖する。

高齢者の体調をビフィズス菌で整える(加齢と共に低下する体内ビフィズス菌)

 

効果(引用先:ウキペディア

ビフィズス菌は、乳糖やオリゴ糖などを分解して乳酸や酢酸を産生して腸内のpHを顕著に低下させ、善玉菌として腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かってきた。乳幼児に多いロタウイルスによる感染性腸炎の抑制をする可能性が報告されている。

ビフィズス菌は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンK、その他ビタミンB群を生成する。

高齢者は積極的にビフィズス菌が入っているヨーグルトを毎日食べることだ。人間の健康は、栄養を取得する「腸」に依存する。腸内フローラの環境を良くするビフィズス菌(善玉菌)が多くなれば、悪玉菌を抑える。健康は、食べるもので改善して行くのがベストである。

毎日の食事で善玉菌を増やす事が出来れば一番良いのだが、歳を取ってくると面倒なことはやらなくなり、簡単な食事になってしまいがちだ。意識的に毎日ビフィズス菌を取るには、ビフィズス菌がたくさん入っているヨーグルト食品を取るしかない。

トイレでウンチをした後でくさい臭いを味わう時がある。くさい臭いは、悪玉菌が活躍していると言われたのでこれを何とかしたいと思い、最近、毎日簡単にビフィズス菌が取れる高濃度ビフィズス菌飲料Bifix1000(1本130円前後)を飲むことにした。

どのような効果が体感できるか6ヶ月間様子を見たい。くさい便の臭いだけでも改善できればそれだけでも良いと思っている。単純な動機だが、体に悪い物ではなく良い物なので間食の代わりにBifix1000を飲むことにした。

一人暮らしをしている高齢者は、健康寿命を維持する意味で腸内フローラの環境を整えるビフィズス菌を毎日取る方が良い。


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。