衰えたシニアの体力アップする方法:細胞内のミトコンドリアを刺激する - 仕事、健康、筋トレ、暇

何をすれば、シニアの体力がアップ出来るのか?と聞かれることがある。私なりの答えは、医者の助言と同じで週2回以上定期的な運動をすること。私は、筋トレを週2回各2時間ぐらいやっている。

スタミナアップ法がNHKのためしてガッテンで紹介された。スタミナは体内のミトコンドリアが提供している。ミトコンドリアを増やすことが出来れば、スタミナアップが期待できるという話だ。筋肉の細胞内に存在するミトコンドリアは体内の脂肪酸やブドウ糖を燃やしてエネルギーをつくり出す。ミトコンドリアはエネルギーの元。ミトコンドリアを増やせれば、体は疲れにくくなる。

ミトコンドリアを増やすには増やすスイッチをオンにすること

ミトコンドリアは加齢と共に減少する。そのため、ミトコンドリアを増やす工夫をする必要がある。ミトコンドリアは、ミトコンドリアを増やすスイッチをオンにするだけで良い。 スイッチがオンになるとミトコンドリアが増殖してやる気が出る、疲れにくくなる。

方法:ちょっとしんどい運動を1分間以上行う!

ラクラクからちょっとしんどいという運動をした時にスイッチがオンになる。具体的なミトコンドリアを増やす運動法はインターバル速歩(3分歩いて、3分速歩)である。早歩きがミトコンドリアのスイッチをオンにして増やす。

体の中にあるミトコンドリアはエネルギーが足りないなと思った時にミトコンドリアを増殖させる。少ししんどい運動を1分以上続けるとミトコンドリアのスイッチがオンになる。ミトコンドリアは姿勢が良い人に多い。

気楽に出来るミトコンドリアのスイッチをオンにする運動:

  • 散歩や買い物時に早足をインターバル速歩で行う。
  • 駅やオフィスの階段を一段ぬかしで上がる(エスカレーターよりも階段を使う習慣を身につける)
  • お風呂に入る前にスクワット運動をする(20回程度、負荷が少なくなったら回数を増やす)

ちょいキツの運動を続ける。1分間以上の負荷を体に与え続けるとミトコンドリアのスイッチがオンになる。

食べるとミトコンドリアが増殖する物

カロリー制限25%でミトコンドリアが増える。栄養素:タウリン、ビタミンB群、鉄などを含む食べ物を意識的に取る。食物では十分取得できない場合は健康食品を活用する。

定期的に筋トレを始めるとタンパク質を多く含む肉、魚、豆類を食べないと筋肉は成長できない。筋トレの疲れを回復させるには代謝を活発にさせる亜鉛、マグネシウム、カルシウム、ビタミンB群などのミネラルやビタミンが必須になる。食べ物だけで取得するのは難しいのでどうしても健康食品で補充することになる。

結論

シニアの体力アップには細胞内のミトコンドリアを刺激して増殖させることで疲れ難い体を作り上げられる。簡単に始めるには、(1)ちょっときついと感じる運動をすること、(2)体で不足するミネラルやビタミンを健康食品で補充する。ミトコンドリアを増やす食事と運動はシニアの体力アップに欠かせない。

 


my profile pictureこのページのシニアライター:Norito H.Yoshida

Profile

Joomla CMSを使った法人・個人サイト構築で独立。51歳の時に会社を卒業。雇われる生活から自分を雇う生活になる。ソニー(株)、Yahoo!ジャパン(株)でインターネットビジネスの面白さを味わい、個人でも法人と競争が出来る隙間市場があるのに気が付いた。生涯現役でインターネットの世界で生きて行く。Western Washington University, B.S. in Sociology, Bellingham, Washington, USA.

シニアの生活は、体の老化に従って変わって行く。その体験記をこのブログで書いている。